ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    20140413_041: ぱぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/12(土)23:08:43 ID:1noCd1fbt
    遍路道:韓国出身住職に“苦情” 差別貼り紙に同調の電話
    http://mainichi.jp/select/news/20140413k0000m040019000c.html

    韓国出身の伝統舞踊家で十三番札所・大日寺(徳島市一宮町)の
    住職を務める金昴先(キム・ミョウソン)さん(56)の元に、
    札所などに貼られたハングル文字のステッカーに対する“苦情電話”が相次いでいる。
    四国各地の遍路道で見つかった「朝鮮人排斥」を主張する貼り紙に同調する内容だという。

     金さんによると、電話は8日ごろから掛かり、11日には少なくとも男女2人から何回も電話があった。

     中年とみられる女性は県内在住と名乗ったうえで、
    「(四国各地の札所で)ハングル文字を見るたびに気分が悪い。
    なぜ勝手なことをするのか」などと主張。別の男性は
    「お遍路は日本の文化。いろんなところにシールを貼って回るのはおかしい」と話したという。
    この男性は電柱やカーブミラーなどに無断でステッカーを貼る行為は違法で
    景観を損ねるとも指摘。金さんが支援し、外国人初の「公認先達(せんだつ)」に
    認定された崔象喜(チェ・サンヒ)さん(38)=ソウル市=の活動を指しているとみられる。

     金さんは、無断でステッカーを貼る行為は認められないとしたうえで
    、「お遍路は世界遺産を目指している。
    『ハングルだから』などという狭い考えでは世界からお客さんを迎えられるか心配だ」と懸念している。【阿部弘賢】

    引用元: 【毎日新聞】韓国住職に苦情電話相次ぐ、「差別貼り紙に同調」か、ハングルだからなどという狭い考え方には懸念だ


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140413_031: ◆sRJYpneS5Y 2014/04/12(土)21:39:57 ID:2xVWsUqF0
     「ガーナ大使公邸」の看板が掲げられた東京都渋谷区の雑居ビルの一室に入ると、
    そこは高級スーツやドレスに身を包んだ男女が夜な夜な集う違法カジノだった。
    「外交特権があるから摘発されることはない」という誘い文句で群がった会員は約800人。
    運営責任者やディーラーらカジノ側の10人と客2人が3月、警視庁保安課に一斉摘発された。
    現役のガーナ大使も売り上げの一部を受け取るなどしていた疑惑が浮上しているが、
    保安課から事情聴取を要請された直後、逃げ帰るように日本を後にしてしまった。(荒船清太)

    原文はこちらから
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140411/crm14041121170017-n1.htm

    引用元: 【事件】「ガーナ大使公邸」は違法カジノだった!! 「外交特権で捕まらない」が誘い文句 大使は逃げるように帰国 [14/04/12]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140413_021: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/04/13(日)01:50:38 ID:VTtmMNaCC
    【コラム】米大統領のアジア歴訪を見る韓国人の視線

    米国の国防長官と中国の国防部長が北京で行った記者会見は殺伐としていた。おざなりな握手に堅く結んだ口、ひどく力が入った2人の
    目つきには敵意がみなぎっていた。言葉のやりとりはさらに険悪だった。米国のチャック・ヘーゲル国防長官は、前もって堅く決意していた
    ようだった。「中国と日本が衝突した場合、米国は日本を守る」とくぎを刺した。領有権をめぐって中国と日本が対立する尖閣諸島(中国名
    :釣魚島)の海域で両国が衝突した場合、米国がどういう態度を取るのか、あらかじめ公に示したのだ。

    中国の常万全・国防部長も「中国は、必要なら領土守護のため軍隊を使用する準備ができている」と受けて立った。中国国営の各紙は常
    部長の発言として「中国は領土問題で妥協・譲歩・取引を行わず、中国軍は戦争すれば必ず勝つ」と報じた。

    まさににらみ合ってうなり声を上げる獅子と虎のようだ。国益をめぐってぶつかる2人は、獅子にして虎だった。草食動物は体が大きかろうと
    小さかろうと、はるか遠くから聞こえる猛獣の鳴声に震え上がる。しかし肉食動物は違う。ジャッカルやハイエナのような小さな獣も、ライオン
    が狩りをしているその周囲をぐるぐる回るというリスクを冒す。ライオンの「祝宴」が終わった後には残り物が十分にあるということを、本能で
    知っているからだ。国際政治はジャングルの世界だ。長期的な損益は別次元の問題だが、短期の配当は「肉食」体質の国へ優先的に回って
    くる。最近の日本には、肉食動物の敏捷な計算力を感じる。

    北京での米中国防トップ会談の後、東京は一安心という雰囲気だった。この約10年、尖閣諸島に対する中国の挑戦は、日本を慌てさせる
    「足元の火」だった。だが実際は中国の挑戦よりも、同盟国・米国のあいまいな態度の方に気をもんでいた。今から数年前、米国の姿勢は
    一貫していなかった。米国は世界の問題を共に話し合う中国と、アジア・太平洋戦略の上で最大の友軍たる日本との間で、しばしばためらい
    を見せた。今回の米中国防トップ会談で米国は、そのようなためらいをはっきり捨てた。中国の前で明確に日本の肩を持ったことで、中日
    衝突で発生するかもしれなかった、より深刻な介入の危険を事前に遮断したというわけだ。

    少し前、米国のジョン・ケリー国務長官は「米国は尖閣の領有権について、いかなる立場も取らない。しかし現在、これらの島が日本の行政
    管轄の下にあるという事実は明らか」と語った。中国が釣魚島に対する領有権を武力の誇示の形で主張する場合、日米安保条約の当事国
    として事態に介入する、という立場を公に示したのだ。日本が胸をなで下ろすのも分かる。

    引用元: 【朝鮮日報/コラム】 米国は日本が韓国を違法になぐりつける様子を黙って見てきた [04/12]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ