ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    20140324_09


    1: ◆c7UNierYy2 @おなきっつぁんφ ★ 2014/03/24(月) 19:35:01.90 i
    (朝鮮日報日本語版) 【コラム】日本は韓国にこんなことをする資格はない

    朝鮮日報日本語版 3月23日(日)9時29分配信
     韓国と日本の関係は、本当に悪縁のようだ。もともと「民族と領土と文化的衝突の余地がある隣国同士はいい関係でいられるはずがない」
    とは言うものの、韓国と日本の場合はその程度を超え、今では悲劇と化している。日本は韓国を完全に抹殺した「殺国の国」だ。
    近代植民地時代には、たとえ他の民族を弾圧して資源を収奪したとしても、国や民族、言語、文化を完全に抹殺したケースはまれだ。
    100年前の日本による朝鮮併合はまさにこうしたケースだ。

     韓国の主権、言葉と文字、姓と名前、固有の伝統と文化を根こそぎ奪い去り、つぶしてしまった残忍な国が、まさに日本だった。
    韓国は5000年の歴史で1000年以上も隣国の侵略と支配に苦しんできた。その主犯は中国だったが、中国は韓国を支配下に置きはしたものの、
    国をなくして滅亡させることまではしなかった。政治的宗主の状態はひどいにしても、文化的、民族的側面では韓国を無視できなかった。
    しかし、日本は文化的、人種的劣等感からか、韓国の存在自体をなくそうと考えた。韓国が5000年の歴史で国を完全に失ったのは日本による1度だけだ。

     われわれの国土が分断されたのも、日本に起因する。日本が韓国を直接二つに分けたわけではないが、日本が太平洋戦争に敗れたことで、
    われわれは戦勝国の戦利品と化し、国土分断の悲劇に直面した。文化心理学者のキム・ジョンウン氏は、本紙への寄稿文の中で
    「もともとは(戦争で敗れた)日本が分断されてしかるべきだ。戦争責任からドイツが東西に分けられたように、
    日本も(四つの列島のうち)東の島二つ、西の島二つに分けられるべきだった」と書いた。
    戦争は日本が起こし、その罪過は無残にもわれわれが被った格好だ。われわれは徹底的に日本の犠牲物となったのだ。

     日本が疲弊した戦後経済から回復できたのは、韓国戦争(朝鮮戦争)のおかげだ。自分たちが起こした戦争で国の資源を使い果たしてしまった日本は、
    それから5年後に韓国で起こった同族間の戦争で米軍の軍需基地としての役目を担いながら、膨大な経済的利益を獲得するようになった。
    日本は隣家で発生した火事の際に水を売ってもうけ、自分たちの罪過で発生した他人の苦痛で快楽を得たようなものだ。
    現在の日本が米国の対アジア戦略の前衛隊となって獲得できた世界の中での政治的立場も、韓国が持つ地政学的位置と戦略的要素のおかげだ。
    >>2以降にウダウダと続く)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140323-00000363-chosun-kr&pos=1

    引用元: 中国ですら文化的・民族的に無視できなかった韓国を、日本は文化的・人種的劣等感から韓国の存在自体を無くそうとしたニダ


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: 名無しさん 2014/03/24(月)16:11:15 ID:5tni2BpuU
    「セールス」の次は「信頼」 …朴大統領、外交方向を転換
    2014年03月24日14時21分 [? 中央SUNDAY/中央日報日本語版]

    no title

    1964年12月、ドイツ(当時、西ドイツ)を訪問した朴正熙(パク・ジョンヒ)元大統領がベルリンの壁を見ている。(中央フォト)

    21世紀にも依然として発展国家段階にとどまっている限り、経済革新と飛躍は期待しにくい。「創造経済」も口先だけで終わるしかない。梨花女子大行政学科のチョ・テク教授は「官僚集団をそのまま置いていれば、規制をなくしたとしても、政権が交代すればまたすぐによみがえる」と述べた。さらに官僚集団は国会議員を通じた立法という「う回上場」通路まで持つ。特に野党を背にした官僚集団の「請負」規制は大統領もむやみに手をつけにくい。規制改革が行政改革を越え、政府の役割に対するパラダイムシフトにつながらなければならない理由だ。

    このためには大統領から発展国家論の幻想から目覚めるしかない。政府が率先する時代は終わった。「市場が導く時代に政府の役割とは何か」という視点で見ると、規制改革の標的はより明確になる。不必要な規制を乱発する部処がどこかもはっきりとする。これをえぐり出してこそ規制の根が抜ける。

    ただ、政府組織の改革は容易でない。通貨危機直後、国際通貨基金(IMF)の管理を受けた金大中(キム・デジュン)政権時代にも竜頭蛇尾に終わった。官僚組織の抵抗を抑えられる力は国民の世論しかない。淑明女子大行政学科のチェ・シンユン教授は「大統領の徹底討論が長官を叱る行事に終われば、規制改革のモメンタムをすぐに失うだろう」とし「討論会場で提起された問題は最後まで追跡し、成果を出してこそ、次の段階に進むことができる」と強調した。

    一方、朴槿恵(パク・クネ)大統領は核安全保障サミット期間中、オバマ米大統領、安倍晋三首相と韓日米首脳会談(25日)を、習近平中国主席と韓中首脳会談をする。朴大統領は韓日米会談の議題を北朝鮮の核問題などに限定し、韓日首脳会談や過去の問題は扱わない。

    政府消息筋は「その間、朴大統領の6回の海外歴訪が投資誘致を促す“セールス外交”に傍点を打ったとすれば、今回の歴訪は信頼を基礎に安保と統一環境を増進する“信頼外交”が核心になるだろう」と述べた。

    特にドイツ訪問は朴大統領の「統一大チャンス論」が国際社会で本格的に議論される契機になると、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は期待している。朴大統領は東ドイツ出身のメルケル独首相と首脳会談をし、南北統一のための協力拡大に合意する計画だ。

    ドレスデン工科大で名誉博士学位を受けた後には、具体的な統一構想を明らかにする演説をする予定だ。朴大統領は28日、ドイツ派遣鉱夫・看護師出身の同胞に会った後、29日に帰国する。

    (中央SUNDAY第367号)
    http://japanese.joins.com/article/303/183303.html?servcode=200§code=200&cloc=jp|main|top_news

    引用元: 【韓国】パク・クネ大統領が外交方針を転換 これからは「信頼外交」だ


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140324_06

    1: 名無しさん 2014/03/24(月)12:14:07 ID:???
    ※戦車や軍艦の信じがたい欠陥が次々明らかになる韓国軍だが、兵士が履く戦闘靴でも
    数々の問題が発覚している。
    2008年に導入した国産の新型戦闘靴が、簡単に靴底が剥がれる欠陥品と判明したうえ、
    米軍に対抗して兵士の背を高く見せる「シークレットブーツ」だった疑いも浮上。
    その後に採用した戦闘靴も穴が空くなどの欠陥品で、これらの靴の導入にあたって防衛事業庁や
    国防部の役人の不正も明らかになった。こうした安易な備品の開発・選定には兵士や国民からも批判が出ている。
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140320/waf14032015280024-p1.jpg
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140320/waf14032015280024-p2.jpg
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140320/waf14032015280024-p3.jpg
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140320/waf14032015280024-p4.jpg
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140320/waf14032015280024-p5.jpg
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140320/waf14032015280024-p6.jpg
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140320/waf14032015280024-p7.jpg
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140320/waf14032015280024-p8.jpg

     韓国陸軍の新型戦闘靴は、旧型に比べ軽量で、耐久性もアップ。
    防水性は4倍に増強、通気性も向上した?と軍が大々的にPRした。
    08年に62万足を導入したのに続き、09年に63万足、10年に40万5千足と大量導入した。
    ところが、導入直後から欠陥が露呈していく。
    履いて訓練しているうちに、自然と靴底が剥がれてくるのだ。

     現地報道によると、それまでは踵(かかと)の固定にくぎを打ち込んでいたが、
    新型では接着剤での貼り付け方式に変更。
    この接着方式が問題で、履いているうちに早晩、靴底がベロンと剥がれてしまう問題が多発した。
    以下略
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140320/waf14032015280024-n1.htm

    引用元: 韓国軍の国産戦闘靴が米軍に見栄をはる為シークレット厚底構造が判明 兵士激怒


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ