ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/05/15(木) 17:04:56.17 ID:???.net
     1937年の南京事件で、旧日本軍から多くの中国人を守り「南京のシンドラー」と呼ばれるドイツ人を描いた映画「ジョン・ラーベ」が
    5月17日、都内で上映される。ドイツ、フランス、中国が2009年に合作し、香川照之さんら日本人俳優も出演しているが、日本人の
    残虐行為などを描いた内容から、これまで日本では未公開だった。

     ラーベ(一八八二~一九五〇年)は、南京駐在のドイツ人商社員。ナチス党の現地幹部であることを利用して、非武装中立地帯を
    つくり多くの中国人を保護した。映画には、香川さんのほか、杉本哲太さん、井浦新さんらが出演し、〇九年のドイツ映画賞で作品賞
    など四部門を受賞した。

     中国人の首を切り落とすなど旧日本軍の虐殺行為をはっきりと描いているのが特徴だ。論争のある被害者数について中国政府が
    主張する「三十万人」と明示し「日本政府は被害の大きさを認めようとしない」と指摘した。

     「日本人にとって見るのはつらい映画だ。中国側のプロパガンダという批判も出るかもしれない。興行的に収益を上げるのは難しい」。
    これまで日本での公開が実現しなかった理由について、日本の配給会社関係者は説明する。

     こうした中、今回の上映会を企画したのは首都圏の三十~四十代の有志十数人。中心メンバーの荒川和晴さん(34)は「南京事件を
    テーマにしているだけでみんな自主規制してしまう。日本人も出演し、国際的に評価されているのに、公開もされないのはおかしい」
    と話す。

     有志はもともと、南京事件の生存者への支援活動などを通じて知り合った。事件から七十年の節目となった〇七年、南京事件を
    テーマにした映画が海外で相次いで製作されたが日本ではほとんど上映されなかったため、こうした映画の上映会を企画。これまでに
    「南京!南京!」など五作品を上映してきた。国際的には事件への関心が高まっているのに、日本では議論が低調なことへの危惧が
    背景にあったという。

     「ジョン・ラーベ」もドイツの製作会社側と交渉を続け昨春、五年間の限定で、日本国内の配給権を得た。各地で続くヘイトスピーチや
    従軍慰安婦問題も含め、日本人の歴史認識がいっそう問われている時代でもある。荒川さんは「見る前から排除せず、まず、見て
    それから考えてほしい」と話す。

     上映会は十七日のみで一回目が午後零時半から、二回目が同五時から、墨田区の江戸東京博物館ホールで。当日券は、一回目が
    シンポジウム付きで千八百円、二回目が千五百円。詳しくはホームページ=http://johnrabe.jp=で。

    ●南京事件 南京を占領した旧日本軍が捕虜や一般市民を殺害したとされる事件。日本政府は「非戦闘員の殺害や略奪行為があった
    ことは否定できない」との見解だが、犠牲者数の認識について中国政府と大きな隔たりがある。日中両国の有識者による2010年の
    報告書では「30万人以上」とする中国側と、日本側の「20万人を上限として4万人、2万人などの推計がある」との分析を併記した。

    ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014051502000238.html
    公式ホームページより

    no title


    John Rabe - Trailer
    https://www.youtube.com/watch?v=SrcPcFi5LOs



    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/05/15(木) 13:24:19.75 ID:???.net
     イム・ウンギョンが、30年間母胎ソロ (生まれてから一度も異性と付き合ったことがないことを意味する造語)だと告白した。

     イム・ウンギョンは14日に韓国で放送されたケーブルチャンネルtvNの郷愁チャートショー「その時代トップ10」で8年ぶりに
    カムバックし、突然韓国の芸能界を去った理由と自身に関連して知られていない内容をフランクに明らかにした。

     同日の放送でイム・ウンギョンは「30年間彼氏がいなかった。母胎ソロだった」と打ち明けた。続いて、理想のタイプについては
    「パク・シニャンのように知的な方が好きだ。しかし理想は理想であるだけじゃないだろうか」と述べた。

     また、イム・ウンギョンは突然活動を中断した理由について「仕事は続けていたが、人々に目に映らなかった。中国でドラマを
    撮影して海外で活動したら、人々は私が休んでいると思うようだ」と説明した。

     イム・ウンギョンは1999年にSKテレコム「TTL」の広告で人形のような顔立ちと神秘的な少女のキャラクターで一躍スターになった。
    「マッチ売りの少女 チェリム」「品行ゼロ」などでスクリーンにも進出したが、2006年に突然芸能界を去って世間の好奇心を掻き立てた。

    ソース(ネタりか・Kstyle) http://netallica.yahoo.co.jp/news/20140515-01994821-kstyle
    写真 no title


    別ソース(Wow!Korea) http://www.wowkorea.jp/news/enter/2014/0515/10125536.html
    写真=イム・ウンギョン
    no title


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140515_131: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/05/15(木) 15:56:11.94 ID:???0.net
    解釈改憲「将来に禍根残す」 =山崎元自民副総裁インタビュー=
    http://www.jiji.com/jc/pol-interview?p=yamasaki_taku02-01
     自民党の山崎拓元副総裁は時事通信のインタビューに応じ、
    憲法解釈の見直しによる集団的自衛権の行使容認に反対する考えを示すとともに、
    安倍政権が防衛政策の大転換を図ろうとしているとして、懸念を示した。インタビュー要旨は次の通り。

    解釈改憲とは、正面から堂々と憲法を改正せず、時の政権が解釈によって事実上の憲法改正を行うということだ。
    憲法改正は自民党の党是で、安倍晋三首相も憲法改正を目指す方針を掲げている。その手順として憲法96条を改正し、
    衆参両院議員3分の2の発議を2分の1の発議に変えようとしたが、それすら難しいと悟った。
    便法として解釈改憲で集団的自衛権行使を容認しようという考え方は、はなはだよろしくない。解釈改憲で容認すれば、
    憲法の法的安定性を損ない、これからも時の政権によって憲法解釈はどうにでもなるという前例をつくってしまう。これは避けなければならない。
     安倍首相には、集団的自衛権行使を認めた政権として後世に名を残したいという情念的なものを感じる。
    海外において武力行使を行おうとしているが、これは日本の防衛政策の大転換だ。戦前への回帰でもあり、将来に大きな禍根を残すのではないかと心配している。

     米国は財政上の制約もあって「世界の警察官」であることができなくなっている。オバマ大統領は、
    米国が今や「世界の警察官ではない」と表明した。米国の軍事力が弱体化し、それを日本の自衛隊によって埋めよう
    というのが歓迎の意味だ。日本の自衛隊は悪く言えば、米国の「警察犬」になるということだ。世界中に展開している
    米軍がどこかで戦うことになれば、日本の自衛隊も一緒に戦うということに将来なりかねない。
    つまり、インド洋、中東、欧州にせよ、自衛隊が海外に出るときは派遣ではなく、派兵になる。
     一番あってはならない事態は米中戦争だが、もし米中戦争が起これば、日本の自衛隊は米国と一緒に戦うことになる。
    中国はそういう事態の可能性があるとみて、日本の動きを疑っている。
     日中の軍事衝突は米中の軍事衝突になり、ひいては、日中戦争、米中戦争、日米対中国の戦争になる。
    この恐ろしいシナリオが尖閣をめぐって想定され、誰も口には出さないが、日米中3国が心配しているのは事実だ。
    あってはならないことなので、日本は外交の力で、中国に対し自重を求めなければならない。ところが、日中首脳会談もできない状況だ。
     私が提案する憲法改正では、9条第1項は変えない。憲法改正の目的は日本が軍隊を持てるように改めること。
    今の自衛隊は軍隊ではないという解釈になっているが、あまりにも実態とかけ離れていておかしい。
    「陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない」となっているが、自衛のために戦力の保有は認める。
    その自衛には個別的自衛権と集団的自衛権があり、どちらの意味も含んでいる。
    -集団的自衛権の行使に賛成するという立場は変わらないのか。
     憲法改正の中では認める。自動的にそうなる。自衛のために軍隊を持つことは認めるからだ。


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ