ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 10:13:41.69 ID:???.net
    ■ ブラジル本大会出場国の主要メディアに日本の戦犯旗のデザイン伝える
      先週FIFA 会長およびブラジルワールドカップ本選32ヶ国のサッカー協会長に、「日本のユニフォームの
    戦犯旗デザインを削除して欲しい」という郵便物を送った誠信(ソンシン)女子大学のソ・ギョンドク(徐敬徳)
    教授が、今度は31ヶ国(韓国を省く)の主要メディアに同じ内容の郵便物を送ったと9日明らかにした。

    アメリカのCNNからボスニアのサラエボタイムズまで、各国を代表する新聞社と放送局、スポーツ紙の
    編集局長に日本戦犯旗の誕生の背景、歴史的な資料、全世界に間違って使われている戦犯旗の事例
    などを編集したCD資料などを同封して、100社以上のメディアに発送した。

    これに対してソ教授は、「第1弾でニューヨークタイムズの広告掲載、第2弾で各国サッカー協会長への
    郵便物発送などを進行すると中国・青年報では記事が掲載されて、ロイター通信など多くの外信から
    インタビューの要請が殺到した。このように世界的なメディア媒体を通じた世論形成が重要だと判断して
    郵便物を送った」と伝えた。

    彼はまた、「主催国ブラジルの世論形成も重要なので、フォーリャ・デ・サンパウロなの代表的な新聞社
    と周辺国アルゼンチンのディアリオ・オレ、エクアドルのEl Universo、ホンジュラスのLa Tribunaなど、
    南米大陸の代表メディアにも集中的に送付した」と付け加えた。

    だが日本の極右である産経新聞はこのようなソ教授の活動に対し、余計な難癖を付けていると非難を
    浴びせている。特に右翼団体はソ教授に脅迫メールを送るなど、感情的な対応を取っている事が伝え
    られた。

    ソ教授は、「日本のメディアで関心を持ってくれるのは良い現象だが、戦犯旗に対する正確な真実を国民
    に報道するよう願うだけだ。このように今度のワールドカップで各国の主要メディア媒体を通じ、戦犯旗に
    対する正しい世論を形成する事がとても重要だ」と強調した。

    特に彼は、「ロンドンオリンピックの時、日本の体操ユニフォームに使用した戦犯旗デザインをIOCに協力
    に抗議ができなかった事が、今度のワールドカップまで至るようになった。そしてこのような事が繰り
    返されないように、我が国もスポーツ外交にもっと大きな力を育てる必要がある」と付け加えた。

    一方でソ教授は去る三一節から、全世界の在外同胞および留学生と一緒に『日本戦犯旗全世界撲滅
    キャンペーン』を行っていて、来週にはFacebookを通じて日本戦犯旗ユニフォームの関連広告を計画
    している。

    ソース:NAVER/スポーツ東亜(韓国語)
    http://sports.news.naver.com/sports/index.nhn?category=a_match&ctg=news&mod=read&office_id=382&article_id=0000219718


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 08:46:23.90 ID:???.net
    (写真)
    ソウル・江南(カンナム)警察署は8日、裸で江南区・論ヒョン洞(ノンヒョンドン)一帯を約1分余り
    駆け回った疑いで、電子足輪装着者のキム某容疑者(24歳)を書類送検した。

    キム容疑者は酒を飲んだ後ガールフレンド(写真の女性)と喧嘩をして、腹立ちまぎれに裸で
    飛び出したと供述した。

    ソース:NAVER/ソウル=news1(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0000862704


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 15:40:00.18 ID:???.net
    【中央時評】「フィンランド化」という名の幽霊=韓国

     中国の浮上に対する懸念が韓半島(朝鮮半島)を包んでいる。まず北朝鮮が中国経済に隷属し、中長期的には
    韓国までが中国の属国に転落するのではという考えのためだ。作家の卜鉅一(ボク・コイル)は「中国の影が
    大きくなるほど、ソ連の属国に転落しなければならなかった過去のフィンランドの運命を避けられなくなる
    だろう」という悲観的な見方を示したりもした。いわゆる「韓半島のフィンランド化(Finlandi‐
    zation)」論だ。ロシアがクリミア半島を吸収、合併する最近の一連の状況は、こうした懸念をさらに強める。

     「フィンランド化」とは何か。20世紀に入ってロシアと2度戦争をしたフィンランドは1948年、
    ソ連と友好協力援助条約を締結した。ソ連を脅かすどの国にも自国の領土を提供せず、北大西洋条約機構
    (NATO)にも加盟しないという内容だった。その反対給付としてソ連はフィンランドの政治的独立と
    自律性を保障した。このため「フィンランド化」という言葉には2つの意味が混在する。一つは弱小国が
    隣接する強大国に隷属して黙従的な姿勢をとること、もう一つは強大国の間に挟まれている弱小国が
    生存を担保するために選択する中立路線だ。

     先日、筆者はフィンランドを訪問し、ヘルシンキ大学とフィンランド国際関係研究所の2カ所で講演する
    機会があった。筆者の講演テーマが「中国の浮上と韓半島の未来」だったため、自然な流れで「韓半島の
    フィンランド化」の可能性に関する話が出てきた。驚くことに、この言葉に対する現地の人たちの反応は
    非常に否定的だった。フィンランド学術院議長を務めた元老学者ライモ・ベイリネン教授は「フィンランド化
    という概念は、70年代初めに西ドイツの保守政治家フランツ・ヨーゼフ・シュトラウスと一部言論人が
    ウイリー・ブラントの東方政策を批判する手段として使い、一般化した」と指摘し、「フィンランド国民の
    95%はこの言葉を嫌う」と述べた。

     特に「ソ連に対する隷属」という見方に対して批判的だった。東欧圏の国家とは違い、ソ連はフィンランドの
    内政には干渉しなかったからだ。当時、ソ連はフィンランドとの関係を自国が推進した平和共存政策の
    代表的な事例として浮き彫りにするために努力し、せいぜいフィンランド共産党に対する陰性的な財政支援が
    すべてだったということだ。冷戦期間に現地知識人や言論人がソ連に対する誹謗を自制したのは、
    政府の強要ではなく、自発的な判断に基づくものだったという点も強調した。強大国の政治への関与を
    望まなかった当時のフィンランドの知識人は、米国のベトナム戦争介入も批判しなかったという説明だ。
    (つづく)

    中央日報日本語版 2014年06月09日10時56分
    http://japanese.joins.com/article/245/186245


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ