ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no titleno title1: 再チャレンジホテルφ ★@転載は禁止 2014/06/29(日) 08:54:06.25 ID:???0
    投票予定調査 6月 第5週
    地域:東京、神奈川、千葉、埼玉
    サンプル数500人

    安倍内閣支持 51.4%

    次回選挙投票先

    自民 30.2%
    民主 5.8%
    公明 4.2%
    共産 3.0%
    みんな 1.8%
    維新 1.2%
    生活 0.6%
    結い 0.4%
    社民 0.2%
    無所属・その他 3.2%
    未定 46.2%






    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 22:50:56.99 ID:???.net
    歌手の和田アキ子(64)が28日、TBS系のトーク番組「サワコの朝」に出演し
    「芸能界のご意見番」と呼ばれることについて「嫌だ」と心情を訴えた。また、和田は引退の時期についても触れた。

     MCの阿川佐和子から「ご意見番と呼ばれることについてどう思いますか」と聞かれた和田は
    「嫌ですよ。ご意見番だなんて」と即座に答えた。

    続けて和田は「オブラートに包んでいるつもりなんだけど、声もよく通るし迫力があるから。
    他の人でそこまで言っていいのっていっぱいいるよ」と自身よりも過激な発言をする人物がいるのに
    自身の発言が目立って取り上げられることに不満を見せた。

     和田はさらに、「ふだんは(自分のことを)怖いとか、がらが悪いとか言ってるのに
    どうして(自分の)意見を聞くのかおかしいね」と疑問符を投げかけた。

    和田はまた、「夢は『いつも旬でありたい』ということ。でも、歌手という自負が無くなったらやめる」と
    自身の引退について触れた。

    その上で、「ドレスが唯一似合ってると思っているし。第2の和田アキ子はいないと思う。
    (体が)大きくなきゃだめだし、声もハイトーンではだめ。一代で終わるとしたら和田アキ子をまっとうしたい。
    まだまだやりたいこといっぱいある。頑張りたい」とも話し、引退はまだまだ先であることもほのめかした。

     和田は7月17、18日に東京のジャズクラブ「ブルーノート東京」でライブを上演することが決まっており
    「レイちゃんと初めて会ったのがNYのブルーノートなんです」と
    尊敬する米歌手レイ・チャールズをレイちゃんと呼んで引き合いに出し
    「すごいかっこ良かった。今、ものすごく力入ってます」と前向きに話した。



    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/06/28/0007095488.shtml
    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/06/28/1p_0007095488.shtml


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/06/29(日) 00:55:10.45 ID:???.net
    【軍事情勢】中国を贔屓し日本を孤立させる新世界秩序 - SankeiBiz(サンケイビズ)
    http://www.sankeibiz.jp/express/news/140629/exd1406290002001-n1.htm
    SankeiBiz(政治部専門委員 野口裕之) 2014.6.29 00:02


     中国の李克強首相(58)訪英(6月)を報じた英ガーディアン紙の表現は
    衝撃的であった。2兆4000億円超の成約を揶揄する《李氏は新たな属国に
    気前よく金品を与える植民地総督》との件ではない。李氏が《新たな世界秩序
    に歓喜》という前段である。英国政府は李氏滞在中、自由を求める人民を大虐
    殺して25周年を迎えた《天安門事件》を封印した。欧州は中国の暴力や侵略
    行為に目をつぶり、富の提供を受ける不正義に罪悪感を逓減させている。日本
    も中国経済なしに自国経済を語れないが、近隣で、安全保障・歴史問題を抱え、
    ユーラシア大陸東端=極東の危機に関心の薄い現代欧州とは温度差が大きい。

     ところが、海洋航行の自由が国是と言って差し支えない米国の対中姿勢まで
    ぐらついている。現状が進行すれば、富と引き換えに中国の武威・暴力を黙認
    する《新たな世界秩序》が日本の頭越しに完成してしまう。わが国が集団的自
    衛権行使や集団安全保障参加を制限するのなら、欧米との価値観の隔絶は広が
    り《新たな世界秩序》は中華圏の様相を濃くしていく。日英同盟を結びながら、
    第一次世界大戦(1914~18年)で積極的に欧州派兵しなかった大日本
    帝國の錯誤と、その後欧米列強が強める反日姿勢とは無縁ではない。


    (以下略。全文はソースにて)
    省略部分の見出し:
     ■屈辱の19~20世紀の復讐
     ■米に強固な対抗意志なし
     ■目覚めた獅子は文明的?

    写真:エリザベス英女王(左)と面会する中国の李克強首相。女王が国家元首
    ではない李氏との面会に応じるのは異例であり、英国は特別扱いに終始した=
    17日、ウィンザー城(AP)


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ