ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    20140513_061: 豆狸◆JFtbiBEswo9k 2014/05/12(月)23:16:55 ID:B3IMG5ir0
    中国:深センで中古住宅の投げ売り続出、“プロ投資家”が市場撤退

    【中国】“不動産投機ノウハウの発祥地”とも称される広東省深セン市でこのところ、不動産投資会社が保有中古物
    件を投げ売りする動きが目立ってきた。

     厳格な不動産引き締め策が実施される中で、同市には会社を興して法人名義で住宅を購入する、いわゆる“プロ投
    資家”が多数存在する。深セン市の不動産市場を知り尽くした彼らの売り急ぎ行為については、同市不動産価格の値
    崩れを見越した動きだ――とする悲観論が一部で浮上している。経済観察網が8日付で伝えた。

     直近では、龍華新区の中古集合住宅150戸が突如売りに出された。同物件を保有していたのは不動産投資会社。旧
    市街地の再開発事業として同物件が竣工した09年に、完成と同時に買い占めていた。当時の平米当たり購入価格は1万
    7000人民元(約27万7200円)。周辺エリアの中古住宅相場は足元で2万3000人民元に高騰していたため、「売り時」と
    判断したようだ。実際、同市の住宅相場に関しては、「今度の上昇余地は限られる」との見方が業界関係者の間で優
    勢となっている。

     このほか、購入まもない物件を手放す投資会社もみられた。このほど売りに出された福田区の高級オフィスもその
    一つ。同物件はもともと社員寮として90年代に建てられた後、13年になってある投資会社が購入。高級オフィスビ
    に改装していた。

     深センだけでなく中国の他都市でも、投資会社が中古物件を投げ売るケースが報告されている。アナリストは、
    「過去数年の建設ラッシュを経て、中国の不動産市場は今後、安定・停滞期に入る。供給過剰がみられる地域では不
    動産相場が下落に転じるだろう。投機抑制政策が常態化する中で、投機筋は保有物件を処分した後、市場から撤退す
    る可能性がある」と見通した。

    《亜州IR株式会社》
    newsclip 2014.5.12 15:39


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140513_051: ぱぐたMK-Ⅲφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/12(月)22:33:25 ID:A5dgkacap
    ★安倍首相:オセアニア、中南米訪問へ 近隣外交は停滞
    2014年5月12日(月)21:40

     安倍晋三首相は7月上旬にオーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニアのオセアニア3カ国、同月下旬にメキシコ、ブラジルなど中南米諸国をそれぞれ訪問する方針を固めた。首相は「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交」を掲げて毎月のように海外に出かけており、7月の出張が実現すれば、第2次内閣発足後、5大陸をすべて訪れることになる。一方で中国、韓国訪問のめどは立たず、首相が精力的に世界を回るほど、結果として近隣外交の停滞が際立っている。

     オーストラリアでは先月来日したアボット首相と再び会談し、アジア太平洋地域の安定に向けた緊密な連携をアピール。両国間の経済連携協定(EPA)で正式合意する。政府内には「首相にとって、アボット氏はロシアのプーチン大統領、トルコのエルドアン首相と並ぶ親密なパートナーだ」という評価もあり、同じ首脳と会談を重ねる安倍外交の特徴が表れている。

     中南米訪問は、昨年9月のアルゼンチン以来。このときは2020年夏季五輪の開催地を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会への出席が目的で、首脳会談は行われなかった。今回は初の本格訪問となる。経済成長著しい中南米では中国も貿易を拡大しており、首相はトップセールスで投資やインフラ輸出の拡大につなげ、対抗する構えだ。

    〈続く〉

    ソース
    http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/20140513k0000m010106000c.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140513_041: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/05/12(月)21:29:59 ID:kynT7lrH5
    国連の潘基文(バン・ギムン)事務総長が、フランシスコ法王に、
    「癒しと和解のメッセージ」を、韓半島に持って来てほしいと要請した。

    潘総長は9日、バチカンで法王と会って、旅客船セウォル号沈没惨事で失意に陥っている
    韓国国民や南北間のため、8月に予定されている韓国訪問の際、
    「癒しと和解のメッセージ」を伝えてほしいと頼んだと、バチカンラジオや外国メディアが報じた。

    潘総長と法王との面談は、約50分間行われ、国連傘下機関のトップ40人あまりも出席した。

    http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014051222488

    【キリスト教】ローマ法王「韓国民、旅客船沈没事故を機に倫理的に生まれ変わることを望む」[4/26]
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1398502742/


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ