ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/08/08(金) 01:00:12.49 ID:???.net
    ソース(中央日報)

    写真=中央大学出身のイ・グァンジョン監督はサッカー界では非主流だ。上司にごまをすることもできない。指導者としての
    スタートは華麗ではなかったが、若い選手とごろごろしながら少しずつ成長しアジア大会代表監督まで務めることになった。
    アジア大会は彼のサッカー人生で最大の挑戦だ。

    「日本サッカー界が李舜臣(イ・スンシン)将軍ほどに恐れる指導者だ」。

    大韓サッカー協会関係者は仁川(インテョン)アジア大会でサッカー代表チームを率いるイ・グァンジョン監督をこのように表現した。
    李舜臣将軍は鳴梁(ミョンリャン)海戦で12隻の船で330隻の倭軍に打ち勝って日本に23戦23勝を収めた。2000年から各年齢別
    代表チームを率いたイ・グァンジョン監督も日本との公式戦では7勝2分けで無敗だ。2003年の15歳以下(U15)韓日交流戦では
    韓国選手2人が退場させられたが1対0で勝利を守った。2010年のアジアU19大会準々決勝では先に2ゴールを取られた後3対2で
    逆転勝ちに導いた。

    5日に会ったイ監督は、「李舜臣将軍との比較は褒めすぎだ」としながらも、「日本には練習試合でも負けたことがない。私も選手も
    闘争心が生まれる」と話した。来月のアジア大会で28年ぶりの金メダルを狙うイ監督は、「日本、イラン、イラク、サウジアラビア、
    ウズベキスタンが優勝のライバル国だ。韓国と日本は予選リーグ後に会うことになるが、優勝するには必ず勝たなければならない」
    と話した。

    ――2009年のU17ワールドカップでベスト8、2011年U20ワールドカップでベスト16、2013年U20ワールドカップでベスト8など
    着実に成績を出している。

    「最長寿協会指導者として子どもたちとはすでに15年目だ。周囲から(プロチーム監督への提案など)ラブコールがあったが固辞した。
    子どもたちと国際大会を経験するのが良いからだ。サッカー関係者から黄金世代と称賛されると大きなやり甲斐を感じる」

    ――15年間に指導した選手は何人か。

    「1年に100人程度なので全部合わせれば1000~2000人にはならないだろうか。李青竜(イ・テョンヨン、ボルトン)は2003年の
    U15韓日交流戦のメンバーだ。小柄で走るフォームは荒削りだったが方向転換が早く敏捷だった。孫興民(ソン・フンミン、
    レバークーゼン)は足首の力が優れており2006年にU16代表チームに選んだ。選手を選ぶ時は犠牲精神をまず見る」

    ――スタジアムで笑わない。トラのような監督だ。

    「グラウンドの中では自分でもとても恐い。孫興民はU17代表チームの時にたくさん怒られまだ私を怖がっている(笑)。招集時は
    午後10時半にノートブックと携帯電話を回収し、30分以上の昼寝は禁止だ。寝られなくなりかねないからだ。だが、私生活には関与
    しないし、冗談もよく言う」

    ――選手としてのイ・グァンジョンはよく知られていない。

    「プロサッカー油公(現済州)と水原(スウォン)でミッドフィルダーとして10年間所属した。266試合で36ゴールだ。ニックネームは
    堅固で賢いので『栗』だった。キム・ジュソンやファンボ・グァンのようにスタープレーヤーではなかったし、代表経験も1988年のソウル
    オリンピック常備軍がすべてだ。ワールドカップには出場できなかったが、いま国家代表を育てているので構わない。非レギュラーの
    悲しみもよくわかる」

    http://japanese.joins.com/article/660/188660.html?servcode=600&sectcode=610
    http://japanese.joins.com/article/661/188661.html?servcode=600&sectcode=610

    >>2以降に続く)

    引用元: 【サッカー】「日本サッカー界が李舜臣将軍ほどに恐れる指導者」…日本のサッカー界が恐れる、韓国代表イ・グァンジョン監督[08/08]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/08/08(金) 01:14:50.42 ID:???.net
    「小便器なめろ!」今度は海兵隊で猟奇的な苛酷行為
    2014-08-07 12:01

    先任兵の残酷な殴打行為による陸軍28師団ユン某一等兵の暴行タヒ亡事件が全国民に衝撃を与えている中、
    海兵隊の兵営内で先任兵が転入新兵らに便器をなめさせる猟奇的な苛酷な行為をさせた事実が一歩遅れて判明した。

    「便器なめ」は軍隊内で9年ぶりに再発したもので、これまで国防部と軍の「兵営悪習清算スローガン」にも
    関わらず軍内に反人権的な悪弊が相変らず存在することを示すもので、また他の波紋を起こしている。

    (・・・以下略・・・ 過酷な仕打ちをさせられた兵士は自○願望を訴えている etc)

    http://news.nate.com/view/20140807n15589?mid=n1006

    引用元: 【韓国】韓国軍、今度は新入りに舌で便器を舐めさせる行為が問題に [8/8]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    朝日新聞社旗1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/08/08(金) 00:33:42.46 ID:???.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00000000-xinhua-cn
    中国・参考消息網の報道によれば、シンガポール紙・聯合早報は6日、「日本政府が韓国人慰安婦の証言を検証したのと同様の動きが、
    日本のメディアにも起きている」と報じた。「保守派の言論圧力に負けた朝日新聞が5日、1990年代の歴史に関する証言を修正し、
    『慰安婦の強制性』は事実ではなかったと認めた」としている。

    第2次世界大戦中にアジアでは20万人が慰安婦として強制連行され、その多くは韓国、中国、
    フィリピン、インドネシアの女性だったとされる。

    朝日新聞は5日の記事で、1991年から92年に報じた「慰安婦強制」に関する記事を検証。
    当時、産経新聞に批判された「韓国人慰安婦の集団強制連行」に関する証言を「誤報だった」と認めた。

    朝日新聞は韓国・済州島で女性200人を強制連行したとする吉田清治氏(元・労務報国会下関支部動員部長)の
    講演内容などを基に、1990年代初め、慰安婦の強制性について報じた。

    しかし産経新聞は日本の学者、秦郁彦氏の調査で、吉田氏の証言が事実ではないことが分かったと指摘。朝日新聞に訂正を求めた。

    参考消息網は報道で、朝日新聞は「2012年末に安倍晋三氏が首相に就任した際、慰安婦問題をめぐって
    わが社を批判したことがあった。安倍氏は『朝日新聞が吉田という詐欺師の話を伝え、それが慰安婦問題を
    大きくさせた』と言及。こうした政治的環境のもと、わが社だけでなく、当時、誠心誠意、報道していた記者にも
    人身攻撃が及ぶようになった」とし、圧力があったことをにじませた、と伝えた。

    この報道に対して、中国のインターネット・ユーザーたちが次々と日本批判の声を上げた。コメントの一部を拾ってみる。

    「日本人はひどい。大和民族は卑劣な民族だ」
    「否定? 『望郷』ってお前ら日本人が日本女性を強制的に“慰安婦”にしたことを描いた映画だろ」

    「最近の日本メディアは安倍政権の手先だ」
    「どの国でもメディアは政府の干渉を受けるだろ」

    「恥ずかしい民族。自分たちは優秀で平和を愛しているとアピールするけど、本当に平和を愛している人たちは
    虐げられている。彼らは政治家に拉致されたようなもので、そのうち政治の犠牲となる。
    彼らが団結して恥知らずな統治者を打倒することを願う。そして本当に平和を愛する国を作ってほしい」

    「日本人は誠実で善良で民度が高いとか、もう言うなよ」
    「最近の日本には激怒!」

    「厚かましい民族。人類の恥」
    「間違ったことをしても認めない民族だ!もう何も言いたくない」

    「日本では正義の力が弱すぎる。正義の力が大きくなりえない」
    「日本の問題に対処するとき、韓国は度胸があるけど力がなく、中国は力があるけど度胸がない」
    「日本との戦争はもう避けられないな。日本車乗ってる人、早めに処分しとけ」

    「日本の主要メディアでは朝日新聞は比較的客観的な立場にある」
    「朝日新聞も大変だな」

    (編集翻訳 恩田有紀)

    引用元: 【朝日誤報】「日本メディアは安倍政権の手先」「朝日は保守派の圧力に負けた」―中国ネットの反応[08/08]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ