ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    韓国国旗
    1: 通り雨 ★ 2017/03/22(水) 02:48:41.51 ID:CAP_USER9
    「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁 沖縄の米軍基地反対運動

    産経新聞 3/22(水) 0:24配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000502-san-soci

     警察庁の白川靖浩官房審議官は21日の参院沖縄北方特別委員会で、
    沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、
    このうち4人が韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。

     米軍基地反対運動をめぐっては、東村などの米軍北部訓練場や名護市辺野古の
    米軍キャンプ・シュワブ周辺での抗議活動参加者による威力業務妨害事件が相次いで発生している。

     9日の参院内閣委員会では、警察庁の松本光弘警備局長が
    「反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知している」と指摘し、
    反対運動に過激派が関与している実態を明らかにしていた。

    ★1 2017/03/22(水) 00:58:53.37

    前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490111933/

    引用元: 「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」 警察庁官房審議官 沖縄における米軍基地反対運動について国会で発言★2


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    韓国国旗1: ろこもこ ★@無断転載は禁止 2017/03/21(火) 21:32:59.67 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000047-jij_afp-int

    【AFP=時事】米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国への配備をめぐり中韓関係が悪化する中、韓国人に他国の好感度を尋ねたアンケート調査の嫌いな国ランキングで、中国が日本を抜いたことが明らかとなった。

     これまでは慰安婦問題をはじめ、旧日本軍による戦時中の残虐行為をめぐる論争が主な理由となって、日本が北朝鮮に次ぐ嫌いな国の地位を常に占めていた。

     しかし現在、中国は北朝鮮のミサイルの脅威に対抗するため韓国に配備されたTHAADについて、自国の安全保障を脅かすものとして強く反発しており、経済報復として、国内にある韓国系小売店数十店の閉鎖や、韓国への団体旅行の禁止といった一連の措置を取っている。

     韓国のシンクタンク、峨山政策研究院(Asan Institute for Policy Studies)が行った世論調査によると、10を最も好意的とする段階評価で、今年1月には4.31だった中国の評価は今月、3.21まで下がった。慰安婦をめぐる外交問題が発生した日本も、3.56から3.33へと下がった。

     また調査では米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席、日本の安倍晋三(Shinzo Abe)首相も好感度を下げ、中でも習国家主席の好感度は4.25から3.01と大幅に下がった。【翻訳編集】 AFPBB News

    引用元: 【中韓】韓国人の最も嫌いな国ランキング、中国が日本を抜く[03/21] [無断転載禁止]©2ch.net


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/03/21(火) 16:38:56.58 ID:CAP_USER
    2017年3月21日、米国のレックス・ティラーソン国務長官が、日本を「同盟国」、韓国を「パートナー」と表現し、韓国から「日本と差をつけているのでは」などの指摘が上がっていた問題で、米国務省が事態の鎮静化に乗り出した。韓国・ノーカットニュースなどが伝えた。

    米国務省報道官代行は20日(現地時間)の定例会見で「両国(日韓)とも強力な同盟でありパートナー」と述べ、ティラーソン氏の選択した語に特段の意味はないと釈明した。

    また、「ティラーソン長官は韓国を礼遇し、すでに尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官と何度も対話をした」として、「これは日本に対しても同じことだ」と説明した。さらに、「どちらがより重要な関係かといった論争をこれ以上したくない」とも述べ、米国が日韓両国を極めて重要視している旨を改めて強調した。

    ティラーソン国務長官は先ごろメディアのインタビューで、日本については「この地域において米国の最も重要な同盟(our most important ally)」と述べた一方、韓国については「北東アジアの安定と関連して同様に重要なパートナー(important partner)」と述べており、この微妙な語の違いが韓国より日本を重視するトランプ政権の姿勢を反映しているのではないかと韓国で指摘が上がっていた。

    報道官代行はまた、ティラーソン氏が今回の日中韓歴訪に当たり韓国でのみ外相との夕食会出席を疲労などを理由に断ったと報じられたことについて、「ティラーソン長官は疲れてはいなかった。夕食会の予定自体がなかった」と説明した。

    当のティラーソン長官は一連の騒動を受け「皆がかなり事を膨らませて受け取っているようだ」と不満げな様子をみせているというが、韓国のネットユーザーは米国側の説明に納得がいかないようだ。

    記事には

    「思わず本心が出ちゃったんだろ。何より同盟は最優先で次は親友、最後がパートナーだよ」
    「日本は属国、韓国は植民地ってところじゃないか?」
    「同盟とパートナーは、婚姻届を出した本妻と、いつでも取り換えられる浮気相手くらいの違いかな」

    といった声が寄せられている。

    また、

    「中国も米国も信じてはいけない」
    「韓国は日本のように君たちに寄生なんかしない」

    と米国に反発するようなコメントや、

    「日本とは戦争で戦った間柄なのに、国際政治には血も涙もないんだな」
    「無能な政権のせいで海外からはすっかりカモと認められちゃったよ」

    とため息交じりのコメントもあった。

    Record china 配信日時:2017年3月21日(翻訳・編集/吉金)
    http://www.recordchina.co.jp/b172849-s0-c10.html

    引用元: 【日米韓】「日韓に差をつけたわけではない」米国務省が長官発言を釈明も=韓国ネット「本心が出た」「妻と浮気相手くらいの差」[3/21]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ