ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/04/20(土) 03:06:05.85 ID:CAP_USER
    4月11日にワシントンで開かれた米韓首脳会談は異例づくめだった。両国の首脳会談は、正味たった2分の会談で、韓国のネット住民の間では「カップラーメン以下」と小バカにされたが、笑いのネタは他にもある。

    ①、韓国の政府専用機のタラップから伸びるレッドカーペットには黒い縁取りがあり、韓国側がわざわざ持参したことがすぐにバレた。

    ②、アメリカが用意した太極旗の下半分は青ではなく水色で、これは「日米欧の自由民主=ブルーチーム」から「中国・北朝鮮の共産主義独裁国家=レッドチーム」へとなびく文在寅を皮肉ったものだとの書き込み。

    ③、トランプ大統領との会談は火のない暖炉の前で黄色いバラがお出迎えした。ヒトラーがユダヤ人に黄色い星を付けさせたように、欧米で黄色いバラにはあまりいい意味合いはない。

     ソウルの日本大使館の建て替えが中止になった。建築申請の更新をしなかったということだが、ソウル市からの問い合わせにも日本側はノーコメントのままだ。日本が恒久的施設の建設を中断したことの意味を韓国民も分かっているようで、「日本は韓国と断交する一歩手前」「北朝鮮主導の南北統一で、日本大使館は平壤へ移るからソウルは必要ないからだ」「北京の日本大使館が韓国大使館を兼務」といった的を射たコメントが面白い。

     もっと面白いのは中国大使館に関するものだ。ソウルにある豪華で巨大な中国大使館は、「いずれ“総督府”になるのだろう」との自嘲的な意見も。

    韓国外務省(外交部)のチョンボも笑える。文在寅政権も相当ガタが来ているのだろう。

    ①、昨年11月、文氏のチェコ訪問の際、大統領府の公式ツイッターで「チェコ」ではなく、現在は存在しない「チェコスロバキア」という国名を記載。

    ②、今年3月の報道資料で外務省は「バルト3国」と書くべきところを「バルカン」と記入した。バルト3国はエストニア、リトアニア、ラトビアの3国。バルカンはセルビア、クロアチア、マケドニアなどの地域を意味する。元大関・把瑠都に怒られそうだ。

    ③、文氏が国賓としてマレーシアを訪問した折、マハテイール首相との共同記者会見でマレーシア語であいさつする予定だったが、韓国外務省が準備した文書はインドネシア語で書かれていた。

    ④、4月4日、韓国とスペイン両国外務次官会談で掲揚された太極旗がしわだらけだった。

     韓国の康京和外相はこれら職員のミスでこれまで四度も謝罪するハメに。こんなチョンボ、うっかりミスでやるだろうか。ひょっとすると韓国外務省は、文氏を中心にした左翼陣営に席巻された青瓦台(大統領府)の告発を、こうしたミスの中にメッセージ化しているのではないか。

    https://wjn.jp/sp/article/detail/5454981/
    週刊実話 2019年04月19日 22時00分

    引用元: 【週刊実話】ガタガタ韓国の外交チョンボ…笑っちゃ悪いが大笑い![4/19]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    日刊ゲンダイ1: クロ ★ 2019/04/19(金) 15:07:20.36 ID:0edJzSDD9
     21日に投開票が迫った衆議院の補欠選挙。大阪12区と沖縄3区でともに劣勢の自民党では、早くも“戦犯”探しが始まっている。真っ先に名前が挙がるのが、甘利明選対委員長だ。URを巡る口利き疑惑で失脚、裏ガネ問題を引きずる人物を引き立て、重用してきた安倍首相は庇い切れるのか。

     大阪12区の補選では、安倍首相が投票前日の20日に大阪入りして応援演説を行う予定だが、これにも物言いがついた。甘利氏の仕切りが悪すぎたからだ。

     15日に大阪府内の候補者会合で、甘利氏が「自民党はこの選挙に総力を挙げる。総理も20日に大阪入りする。おそらく公明党の山口代表も総理とマイクを握ると思う」とブチ上げたことが大問題になっている。

    「何の根回しもなく空手形を切った。寝耳に水の公明党は激怒しているし、ホンネでは大阪入りしたくない総理もご立腹です。盟友である甘利さんの顔を立てるために大阪に行くことになりましたが、負けが濃厚な選挙に総理を投入するなんて、さらし者にしたいのでしょうか」(官邸関係者)

    ■党内にも「裏金疑惑の説明責任を果たせ」

     公明党の斉藤幹事長は17日、自民党の二階幹事長に「山口代表の日程がタイトで、大阪行きは難しい」と説明。山口氏は周囲に「絶対に大阪入りはしない」と話しているという。

    「ただでさえ厳しい選挙なのに、公明との間にすきま風で、自民新人の北川晋平候補は当選どころか3位に沈みそうな情勢です。衆院補選で自民系候補が負ければ、09年以来のこと。特に、弔い合戦は自民が得意とするところで、北川候補の叔父のタヒ去に伴う大阪12区は、絶対に落とせない選挙でした。仮に沖縄とともに補選2敗となれば、政権へのダメージは大きい。甘利さんの責任を問う声が上がるのは当然です」(自民党関係者)

     統一地方選前半戦では、福岡と島根両県知事選で保守分裂となり、自民の推薦候補が敗れた。これも、甘利氏がゴリ押ししたせいだと言われている。

    「これだけ敗戦記録を重ねると、選挙に勝てば自分の手柄で、負ければ幹事長のせいにする二重基準はもう通用しません。夏の衆参ダブル選をチラつかせてきたのも甘利氏ですが、解散は首相の専権事項なのに、勘違いも甚だしいと苦々しく思っている人は多い。首相のオトモダチだから選対委員長の要職に起用されましたが、補選も取れない選対委員長がダブル選で勝てるのか。『都合が悪くなると国会を休んで逃げてしまうような人物に選挙の仕切りができるわけがない』という声が、党内からも上がっています」(政治ジャーナリスト・角谷浩一氏)

     連敗の責任論が浮上するのは当然で、甘利氏に対する党内の不満は、いずれ任命した安倍首相にも向かう。

     大臣室で受け取った50万円の説明責任を果たさない甘利氏を庇うほど、安倍首相自身も窮地に陥ることになりそうだ。

    日刊ゲンダイ
    19/04/18 15:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/252158/

    引用元: 【自民】衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: (^ェ^) ★ 2019/04/19(金) 18:08:05.97 ID:YWay0efo9
    https://anonymous-post.mobi/archives/6491
    報道自由度 韓国41位に上昇=日本は67位
    2019.04.18 15:06

    【ソウル聯合ニュース】国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は18日、2019年の世界各国の報道自由度ランキングを発表し、韓国は41位で18年の43位から2ランクアップした。

    RSFは毎年、180カ国・地域を対象にジャーナリズムの現実を評価し、報道自由度ランキングを作成している。韓国は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時の06年に31位を記録したが、朴槿恵(パク・クネ)政権時の16年は70位に落ち込み、17年は63位だった。

    RSFは韓国が順位を上げていることについて、「人権運動家出身の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任し、新たな風が吹いた」とし、「韓国のメディアは14年から16年まで当時の朴槿恵大統領との闘いで役割を果たし、最終的に大統領が弾劾され、勝利した」と説明した。

    一方で、報道の自由を一層促進するにはメディア分野の構造改革が必要だとも指摘した。放送の独立のため、政界が放送局の社長を指名するやり方は変えるべきだとしている。

    19年のランキングの1位はノルウェー、2位はフィンランド、3位はスウェーデン。米国は48位、日本は67位、中国は177位、北朝鮮は179位だった。

    報道の自由度を表した世界地図=(聯合ニュース)

    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190418002400882

    no title




    (略)

    引用元: 報道自由度 韓国41位に上昇=日本は67位「国境なき記者団」2019 ネット「日本はサヨクに都合悪い報道できないもんな


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ