ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    20140704_0522001: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/07/03(木) 22:16:47.29 ID:???.net
    (若宮啓文 日本国際交流センター・シニアフェロー 前朝日新聞主筆)

     昔昔、ある村に三人の兄弟が隣り合わせて住んでいました。長男は子供のころから漢字をはじめ、
    多くのことを弟たちに教えました。末っ子は勉強好きな次男にもいろいろと習って育ちました。

     でも、体力に恵まれない次男に比べて末っ子は元気よく、ちょっと欲張りだったので、次男に
    刃向うこともありました。それでもすぐ仲直りしたものです。

     そんな兄弟たちを恐怖に陥れたのは、外から肌の色の違う人々が入ってきてからです。長男が
    痛めつけられるのを見た末っ子は、いち早く外から多くを吸収し、喧嘩の仕方も鍛えました。
     兄たちにも影響を与えたのですが、やがて次男を守ってやるといって強引に敷地を占領し、
    自分の家にしてしまったのです。

     思い上がった末っ子は、長男にも挑みかかりました。一家の支配を狙ったのです。激しい
    兄弟喧嘩になりましたが、末っ子が隣村のボスまで敵にしたのが運のつき。結局はボスに
    こっぴどく殴られ、家も焼かれてしまったのです。

     その後、心を入れ替えた末っ子は、ボスの手厚い保護のもと、ひたすら商売に精を出して成功します。
     でも、次男には次の悲劇が待っていました。

     実は、次男には問題児となって家出した双子の弟が北方にいて、彼が殴りかかってきたのです。
     血みどろの喧嘩になり、やはり隣村のボスに救われたのですが、そのとき喧嘩に加わって次男を
    苦しめたのが長男でした。隣のボスと反目していた長男は、北の問題児とすっかり仲良くなっていました。

     そのころ末っ子はこの喧嘩を横でながめながら、商売繁盛の道を歩んだのですが、それでもボスの
    後ろで何かと手伝い、次男を応援しました。そして、長い話合いの末、やがて次男と仲直りし、
    破壊された家の再建に協力します。かつての恨みが消えなかった次男も、豊かになった末っ子と
    手を結んで力をつけるのが得策だと考えたのです。こうして次男も見違えるように元気になり、
    家も立派になって行きました。(>>2以降へ続く)

    東亜日報 JULY 03, 2014 04:06
    http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014070331558


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/07/03(木) 21:13:46.99 ID:???.net
    (翻訳スレです。依頼スレ>>994さんが訳してくれました。多謝)

      ウォン・ドル為替レートの「3桁」進行が差し迫っている状況で、
    ウォン・人民元為替レートも160円割れが「秒読み」に入った。

    中国の習近平国家主席の訪韓を契機に、ウォン・元の直接取引市場が
    開設される場合、ウォン・元レートの計算方法も、現在の「財政の
    為替レート(市場で取引されていない通貨の交換比率)」方式から
    市場決定方式に変わると思われる。

    3日、企画財政部によるとウォン・ドル為替レートの1000ウォン台崩壊が
    切迫している状況で、ウォン・人民元為替レートも160ウォンが崩壊する
    兆しを見せている。
    4月1日には171.48ウォンだったウォン・人民元の為替レートは、7月2日で
    163.19円まで下落した。

    ウォン・人民元為替レートの160ウォン線が崩壊する場合、2008年9月11日の
    (159.36ウォン)以来、5年10カ月ぶりのことになる。
    専門家はウォン・人民元為替レートの160ウォン線が崩壊する場合、
    中国市場だけでなく米国や欧州などの海外市場では、中国製品と競合する
    韓国製品の価格競争力が低下し、輸出が打撃を受けるものと見込んでいる。

    最近、中国製品は、品質が急速に改善され、低付加価値製品群だけでなく、
    高付加価値の製品群でも韓国製品との熾烈な競争を繰り広げている。

    ハンサンワン現代経済研究院の研究総括本部長は「中国は情報技術(IT)、
    造船などの分野で韓国を猛追している」とし、「特に、鉄鋼、鉄鋼製品、機械などの
    分野では、中国が韓国を遠く引き離している状況」と述べた。
    現代経済研究院によると、世界の輸出市場で韓国がシェア1位を占めている項目は、
    2009年73社から2012年には64個に減少した。

    一方、世界の輸出市場で、中国がシェア1位を占めている項目は、2007年1210件から
    2012年に1485個着実に増加している。さらに、韓国は、中国市場でいくつかの項目の
    貿易特化指数が下落するなど、輸出競争力が低下している。

    今後ウォン・人民元為替レートが下落すればするほど、世界市場で中国製品が韓国の
    製品を急速に追いつくだろうという憂慮の声が大きくなる理由だ。

    ジョヘドン記者

    文化日報 2014年07月03日(木)
    http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2014070301031824160002


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: 〈(`・ω・`)〉Ψ ★@\(^o^)/ 2014/07/03(木) 20:57:15.28 ID:???.net
    韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と中国の習近平国家主席は3日、ソウルの
    青瓦台(大統領府)で首脳会談を行い、共同声明を発表した。声明では
    日本の歴史認識問題などについては言及しなかったが、付属文書で旧日本軍の
    慰安婦問題を取り上げた。

     付属文書では「双方は研究機関間の慰安婦問題関連資料の共同研究、複写、
    相互寄贈などに協力していくことにした」と言明した。慰安婦問題で旧日本軍の
    関与と強制性を認めた河野洋平官房長官談話の検証結果を公表した日本政府に
    対する「警告」のメッセージとの見方が出ている。

     ただ、日本を名指しはしなかったが、共同声明で「歴史認識などの問題で
    域内諸国間の対立と不信が深まることに懸念を示し、域内の信頼と協力の構築
    という共同目標の達成に向けて努力することで合意した」とした昨年の首脳会談
    と比べると、「想定外」といえる。首脳会談で日本を直接的に批判する場合に
    起こり得る対日外交摩擦を懸念したためとみられる。【ソウル聯合ニュース】
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/07/03/0400000000AJP20140703004200882.HTML


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ