ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/09/01(月) 21:16:16.75 ID:???.net
    画像:金寛鎮(キム・グァンジン)青瓦台国家安保室長(左)、李洙ヨン(リ・スヨン)北朝鮮外相(右)
    no title


     韓半島(朝鮮半島)周辺の9月の外交は緊迫した状況が形成される見込みだ。北朝鮮の李洙ヨン(リ・スヨン)外相は
    9月中旬、ニューヨークを訪問し、国連総会で演説をする。北朝鮮の外交首長がニューヨークを訪問するのは15年ぶり。

     北朝鮮は韓米合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン(UFG)」の直前、米政府当局者を乗せた空軍機が
    平壌(ピョンヤン)空港に着陸するのを認めた。その後、国際的な孤立から抜け出すために対米関係の改善を模索する局面だ。

     韓国の動きも速まっている。外交・安保政策のコントロールタワーの役割をする金寛鎮(キム・グァンジン)青瓦台
    (テョンワデ、大統領府)国家安保室長が9月初めに米国を訪問する計画だ。金室長はスーザン・ライス米大統領補佐官
    (国家安全保障担当)に会う。

     政府関係者は「金章洙(キム・ジャンス)元国家安保室長も昨年10月、ライス国家安保補佐官と会談している」とし
    「定例的な協議の一環」と説明した。しかし時期的に北朝鮮外相の訪米と絶妙に一致する。北朝鮮が「通米封南」
    (韓国を排除して米国と直接対話するという北の戦略)に動くのを念頭に置いた訪米という分析が出てくる理由だ。

     実際、朝米、朝日間の尋常でない動きから、韓半島の情勢に一種の変化があるのではという見方が増えている。
     韓国政府の対話の提案は無視する北朝鮮だが、米国に対する接近は明確に変化が生じている。外交首長を米国に
    送るほか、UFG演習後に米国に対する非難が大きく減った。北朝鮮とアントニオ猪木参議院議員の共同主催で先月30日に
    平壌で開幕した国際プロレス大会には、米国の異種格闘技選手ボブ・サップも参加した。オバマ米大統領の友人のラッパー、
    プラス・ミシェルもこの大会を参観するため先月29日に北朝鮮を訪問した。ケネス・ペさんら3人が拘束されている状況で、
    自国民の訪朝を自制させてきた米国務省は、ボブ・サップやプラス ミッシェルの訪朝を認め、北朝鮮の動きに呼応するような
    印象を与えた。

     11月に中間評価を控えているオバマ大統領は、朝米関係の管理を念頭に置かなければならない状況だ。北朝鮮と
    日本の関係改善をきっかけに、また北朝鮮と米国の間で新たな外交の流れが生じる環境はできている。もしかすると
    韓国が疎外されるかもしれないという懸念がこのために出てくる。政府の当局者は「北朝鮮と米国が韓国を除外して
    近づく姿として見えるかもしれないが、韓米間で事前に協議されていて懸念することはない」と主張している。

     しかし外交関係者の間では「朝日米が尋常でない」という見方が広がっている。周辺国との関係は従来の枠から
    変化する兆しが表れているが、南北関係は停滞している。北朝鮮に第2回南北高官級会談を提案した統一部は、
    もう一度対話を提案することを検討している。寒くなれば離散家族の再会が難しいという点を強調する計画だ。
    統一部は朴槿恵(パク・クネ)政権2年目も後半部に入った時期であり、韓半島信頼プロセスを稼働させなければ
    ならないという負担もある。

    中央日報/中央日報日本語版 2014年09月01日08時13分
    http://japanese.joins.com/article/508/189508.html

    関連スレ
    【北朝鮮】北朝鮮外相が15年ぶり訪米へ 国連総会で無慈悲な基調講演を行う予定 核・人権問題で反論か[08/30]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1409490441/l50

    引用元: 【中央日報】尋常でない朝米接近…韓国国家安保室長が今月初め緊急訪米[09/01]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/09/01(月) 20:39:45.71 ID:???.net
     終戦記念日の8月15日。韓国では独立を記念する“光復節”とされ、祝祭ムードに包まれるこの日、東京随一のコリア街・
    新大久保の韓国料理店「大使館 新宿店」が暖簾を下ろした。

    「イ・ソジンなどの韓流スターやK-POP歌手、大統領経験者の金泳三、金大中の各氏、就任前の朴槿恵サンも訪れた
    有名店。“友愛”を唱える鳩山由紀夫元総理も贔屓にしており、著名人たちのサインや写真が壁一面に飾られていました」
    (韓流ウォッチャー)

     店は韓国の宮廷を模した造りで、2階建ての約300席。韓国伝統のお茶が楽しめるカフェも併設され賑わったものの、今は
    閉店を告げる貼紙が空しく掲げられている。

     この一件は、韓国の大手通信社である聯合ニュースも取り上げて、〈売り上げがほぼ半分に減った。(中略)従業員の給与を
    清算するため、今月15日を最終営業日に決めた〉

     という経営者のコメントを紹介する一方、閉店の理由として〈日韓関係の悪化でヘイトスピーチが頻発し客足が遠のいた〉
    ことが影響したと報じた。

     だが、先の事情通に言わせれば、

    「一昨年に李明博大統領が竹島に上陸し、さらに天皇陛下に謝罪を求めて以降、嫌韓ムードで街に来る日本人が減ったのは
    事実ですが、味やサービスが良い店はヘイトスピーチがあろうと健在。『大使館』は“有名人多数来店”を売り文句にするばかりで、
    味に特筆すべきものはなく、値段も安いとはいえなかった。韓流ブームに胡坐をかいた店の淘汰が進んでいるだけですよ」

     実際、店を畳んだのはここだけではない。新大久保一の売場面積を謳い、韓流スターのCDや関連グッズを扱って、年商16億円を
    誇った「韓流百貨店」が、今年4月に約3億円の負債を抱え倒産していたのだ。

    「韓国の若い男性が接客する雑貨店が軒を連ねる“イケメン通り”でも、化粧品販売の店などが相次いで撤退。既存店の売り上げも
    減少しています」(同)

    ※「週刊新潮」2014年8月28日秋風月増大号

    Yahoo!ニュース Book Cafe 矢来町ぐるり 9月1日(月)13時27分
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140901-00010000-shincho-kr

    関連スレ
    【東京】韓流の街・新大久保が崩壊寸前…朴槿恵氏訪問の有名店も閉店、朴氏の反日姿勢、ヘイトスピーチが負の連鎖(ZAKZAK)[08/09]★2
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1407591606/l50

    引用元: 【国内】新大久保コリア街「名物店」も消えた「閉店のソナタ」 再建は遥か彼方 再訪するのはどなた どうしてこうなった[09/01]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/09/01(月) 01:23:04.74 ID:???.net
    朝日新聞の大誤報には、まったく同情論が出てこない。国際的には、朝日と同じぐらい
    責任の重いNYタイムズは沈黙を守っているが、彼らのやったことを明らかにしておこう。
    なんといっても大活躍したのは、ノリミツ・オオニシ記者だ。彼は2003年から09年まで
    東京支局長をつとめ、第1次安倍政権の河野談話見直しを激しく批判する記事を
    たくさん書いた。

    たとえば2007年3月8日の1面トップの記事では「安倍首相による河野談話の否定が
    性奴隷を傷つける」と書いているが、これは誤報である。ここで名前のあがっている
    呉秀妹(Wu Hsiu-mei)は台湾人、ヤン・ルーフ・オヘルンはオランダ人で、河野談話の
    対象としている韓国人の慰安婦ではない。

    この記事のどこにも、日本の軍あるいは官憲が彼女たちを強制連行(徴用)した証拠は
    出てこない。それは当たり前だ。台湾にも(オヘルンのいた)インドネシアにも、徴用の
    制度はなかったからだ。呉は人身売買で慰安所に行き、オヘルンは現場の兵士が強姦した
    (スマラン事件)。後者は軍紀違反として処分された。これは日本軍が強制連行を
    禁止していた証拠なのだ。

    オオニシの後任のマーティン・ファクラー支局長とヒロコ・タブチ記者は、それほど
    ひどい記事は書いていない。私はツイッターでタブチ記者と討論したが、彼女の論拠は
    吉見氏の本など既知の2次資料だけで、どこにも強制連行の証拠はない。彼らの使う
    性奴隷という言葉は曖昧だが、それが徴用をさすなら、その証拠は旧植民地にはない
    (朝日新聞も認めた)。

    旧植民地以外には徴用の制度がないので、証拠が出てくるはずがない。
    それが公娼(軍の管理した売春)をさすなら、日本政府もその存在は1992年に認めて
    いるので、争点ではない。

    それが人身売買をさすなら、それは戦地にも内地にもあったが、主語は民間人だった。
    それは違法行為であり、官憲や軍が人身売買を行なった証拠はない。いずれにせよ、
    オオニシ記者の「日本軍が大規模な性奴隷を連行した」という記事は誤報である。

    意味不明で誤解をまねきやすい「性奴隷」という言葉を、NYTのような高級紙が使う
    のは恥だ。これについては私が英文記事で彼らの誤解を指摘したあと、東京支局から
    は慰安婦の記事が出なくなった。

    http://blogos.com/article/93458/

    >>2-10に続きます。


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ