ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 23:31:10.02 ID:???.net
    no title

    ▲「ハングル戦争-韓国語・韓国文字5千年争闘史」キム・フンシク著・1万7500ウォン

    「極端に言えば英語が分からない人たちはもう世界を理解することをあきらめなければならない。」

    キム・フンシクの<ハングル戦争>は「特定分野ではすでにハングルは(単純な)表記手段に転落し
    た」として‘新しい文盲の時代’が始まったと話す。<ハングル戦争>の論法によれば‘英語との核戦
    争’は韓国語・文第六次大戦に該当する。

    第一次大戦は紀元前3000年頃、中国華北(ファブク)地域で絵文字が登場して始まり、第二次大
    戦は世宗(セジョン)のハングル誕生と共に起きた。燕山君(ヨンサングン)のハングルに対する‘ク
    ーデター’と壬辰倭乱を経てハングルが爆発的に広がった第三次大戦は既成漢文体制に対する
    ハングルの勝利で終わった。

    第四次大戦は日帝の植民支配とハングル抹○政策で触発され、第五次大戦は光復(解放)と分
    断・戦争をたどって始まったハングル専用対漢字混用との限りない闘争であった。それは第六次
    大戦の渦中の今も続いており今後も続く、ハングルの未来を左右する戦争だというのが著者の考
    えだ。このように数千年のタヒ闘に生き残った韓国語・文の歴史から見る時、第六次大戦も悲観的
    に見る必要はないように見える。それだけハングルは優秀だ。

    しかし、過去の外部言語浸透が受動的に受け入れられ、受け入れ階層が上部中心に限定的だっ
    たら、今の受け入れ態勢は非常に積極的で全面的だということだ。すべての階層が金儲けと競争
    で勝つためにネイティブ・スピーカー水準の英語駆使を追求し、電子・通信革命は過去とは違って
    視空間的障害もほとんどなくした。

    韓国語・文戦争の歴史を振り返りながら<ハングル戦争>は訊ねる。ハングルは生き残ることがで
    きるだろうか?韓国語・文、私たちの文化の敵は誰か?

    ハン・スンドン選任記者

    ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 数千年タヒ闘終わり英語と戦争…ハングルは生き残ることができ
    るだろうか
    http://www.hani.co.kr/arti/culture/book/658441.html

    引用元: 【書籍】 数千年の死闘、ハングルは生き残れるか~「ハングル戦争-韓国語・韓国文字五千年争闘史」[10/04]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20141005_2146001: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 21:12:05.43 ID:???.net
    Global News Asia 10月4日(土)23時15分配信

    韓国を非難する動画が、YouTubeで大ヒット! 動画のタイトルは、「Mafiarecord -
    Parody (with English sub) 」既に1,791,592回再生されている。

     2014年10月5日、タイメディア関係者によると、YouTubeに「嫌韓」動画が投稿され
    179万回以上再生されており、日本語の字幕を付けた動画も公開されている。陽気で
    明るいメロディー。テンポの良いタイ語の歌声。ダンスや大会の映像など、クオリティの
    高い動画に仕上がっている。

    【その他の写真:タイのイメージ。】

     歌詞は、「どんな試合でも韓国が相手なら、もう練習も特訓も必要ない。タヒぬほど
    特訓したってまだたりない。教えてやるよ、ホスト国とぶつかったら、あいつら確実に
    インチキしてくるから。インチキ、ひたすらインチキ、ひたすらインチキ、ただひたすら
    インチキ。すべてのチームをだまくらかす。ボクシング、サッカー、バトミントンでは
    風が吹く。人呼んで、詐欺師韓国」といった痛烈なもの。

     タイ国内では、多くのメディアがニュースなどで、このYouTube動画を紹介している。

     4日に公開された、日本語字幕の動画のタイトルは、「我らがオッパ(兄貴)、万歳!
    話題沸騰! タイ発の「嫌韓」動画」で、48,678回再生されている。(5日19時現在)。

    【編集:朝日音然】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141004-00000005-gnasia-asia

    動画
    http://www.youtube.com/watch?v=PkYLm6SzXkY


    引用元: 【アジア大会】タイの嫌韓動画、再生回数が180万突破 [10/5]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 23:08:56.74 ID:???.net
    no title

    ▲キム・ジュヨン名誉教授

    (ソウル=聯合ニュース)ファン・ユンジョン記者=毎年10月になると全世界の文学界の視線がスウェ
    ーデンに集まる。スウェーデン翰林院が発表するノーベル文学賞のためだ。隣国、日本や中国と
    違い受賞者を出せない韓国文壇は毎年、この時期にノーベル文学賞受賞の可能性に期待と焦燥
    が交錯する毎日を送る。今年も同じだ。

    ノーベル文学賞受賞の前提条件でもある韓国文学の世界化のためには民族文学をあきらめなけ
    ればならないという指摘が提起された。文学評論家であり独文学者のキム・ジュヨン淑明(スンミョ
    ン)女子大名誉教授は詩の専門月刊誌「有心」10月号に「韓国文学、世界文学なのか」というタイ
    トルの寄稿文をよせ、「韓国文学が世界文学になるには何より狭い意味の民族文学をあきらめな
    ければならない」と指摘した。
    (中略:キム教授の紹介)

    キム教授は「文学はすべての抑圧に抵抗する自由の実体的形状であり秩序だから、どの様な種
    類の条件や状況にも制限を受けず、その垣根を跳び越えて、その垣根自体を壊す。従って国家と
    民族、人種を越える場で文学は文学らしい偉大性を立証する」と主張した。

    また、最近、民族文学を世界文学市場に商品として出そうとする動きがあるとし、「人類の普遍性、
    すなわちすべての人類が共有できる問題の代わりに'私たちのこと'という次元で私たち自ら興奮し、
    概念と作品を規定することは世界文学にのぼることと正面から矛盾する」と批判した。

    それと共に「'私たちのもの'を捨ててこそ'全てのもの'を得ることができるという話」と説明した。彼
    はゲーテの'ファウスト'などドイツ文学の世界文学編入過程を紹介しながら「民族文学の行き過ぎ
    た強調は場合によっては世界文学との間にかえって壁を作りやすい。もはや韓国人の臭いの代
    わりに人間の臭いが込められた詩や小説、ドラマが出てこなければならない」と力説した。

    続けて「その国がどの国であろうが、ノーベル文学賞受賞作は常にこのような作品に与えられた
    事実を記憶する必要がある」とし、川端康成と大江健三郎など二人の受賞者を輩出した日本を例
    にあげた。

    世界の文学的理解に接近し注目するほどの韓国作家としては故イ・チォンジュンとイ・スンウを挙
    げた。韓国文学翻訳院長だった彼は「民族文学的思考を捨て、人類普遍の命題と感情に立った
    思考を持って世界文学として韓国文学を育てなければならない」とし、これと共に私たちの文学を
    英語に翻訳して知らせることにも力を注がなければなければならないと指摘した。

    ソース:聯合ニュース(韓国語) "ノーベル賞受けようとするなら'韓国人の臭い'代わりに'人間の臭
    い'私は作品使わなければ"
    http://www.yonhapnews.co.kr/culture/2014/10/04/0902000000AKR20141004053900005.HTML

    関連スレ:【韓国】 ノーベル文学賞対決「ハルキvsコ・ウン」~全世界が注目[09/23]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1411476770/
    【韓国】 ノーベル賞の季節が帰ってきた~「ノーベル賞の花」と言われる文学賞は誰の手に?[09/09]★2
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1410287956/

    引用元: 【ノーベル文学賞】 「ノーベル賞を得るには'韓国人の臭い'の代わりに'人間の臭い'のする作品を書くべき」~元韓国文学翻訳院々長[10/05]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ