ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    20140527_0554001: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/26(月) 21:12:12.09 ID:???.net
      ■ソ連崩壊予告の再現なるか

     ソ連崩壊を6年前に予告した著者が、中国の崩壊は数年先ではなく「事態はきわめて緊迫している」として、
    中国の末路を展望してみせた。

     かつてソ連が東ドイツを見捨てたように、中国も北朝鮮を“手放す”可能性が高いと指摘。韓国も南北統一に
    備えて70日間は独力で北朝鮮を支える計画を立てているもののその後は日本などに頼らざるをえない。そして
    北の指導者はスイスへ亡命する-。ずいぶんと大胆な予測が続く。

     シャドーバンキング(影の銀行)の破綻懸念や、深刻化する環境問題、さらには共産党の腐敗も底が知れない。
     経済危機に直面して大量の失業者が発生すれば、路上生活者の急増や暴動の続発が予想され、中国は
    大混乱に陥ることになる。すでに中国崩壊を見越して、米国は中国からの自国民引き揚げを進め、在中米国人の
    数はすでに1万人以下だという。在中邦人14万人の日本も、有事となる前に手を打っておきたいところだ。

     中国が崩壊したらどうなるのか。著者は中国が単一の国家としては存続しえず、現在も独立色の強い7つの
    大軍区による7つの国に分かれるとみる。それらの国が互いに隣国を侵略しあう内戦が中国全土で繰り広げられる
    可能性も十分にあるのだという。

     本書では湾岸戦争においてイラク軍のソ連製最新型戦車と米軍の戦車がほぼ同数で激突し、米側が完勝した
    事実も紹介されているが、著者の軍事に対する造詣の深さには驚かされる。軍事も含めた政治の理解抜きには、
    中国経済も理解できない。中国の危うさを多面的に浮き彫りにする手腕は、見事というしかない。

     中国そして韓国、北朝鮮の行く末を見通した上で、日本はどう行動すべきかの指針をも著者は示している。
     現在の中国経済はバブル状態だと指摘されて久しいが、無限に続くバブルはありえず、破局は必ず訪れる。
     その時期の予測は難しいとはいえ、必ず起こる大混乱を前にまずは状況をきちんと把握しておきたい。
     備えあれば憂いなし。中国大動乱の余波を防ぐ上でも特定秘密保護法は必要だと著者は説く。けだし至言である。

     評・溝上健良(文化部)

    産経ニュース 2014.5.25 11:03
    http://sankei.jp.msn.com/life/news/140525/bks14052511030010-n1.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20140527_0602001: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/26(月) 21:23:09.22 ID:???.net
     ニュースでは連日、日中韓の関係悪化が報じられ、書店には関連書籍のコーナーが設けれる
    ――空前の“嫌韓ブーム”が世を席巻している。冷静さに欠ける報道や言説も飛び交う中、日本に住み、
    かつ韓国・中国にもルーツを持つ有識者はこの現象をどのように捉えているのか。
     論客として知られる金慶珠氏と周来友氏を招き、1時間半に渡り激論を交わしてもらった。

    ――日中日韓の関係が冷え込む一方、日本人の中国や韓国に対する感情も悪化しています。

    金慶珠:(以下、金)諸々の要因はありますが、やはり根底にあるのは、アジアのパワーバランスの
    変化の中で日本社会が感じている閉塞感ではないでしょうか。経済では中国には抜かれ、韓国にも
    ある産業分野では脅威を感じている。

    これまではとるに足らない存在で、興味すらなかった相手に対し余裕がなくなってきている。 そんななか、
    歴史問題や領土問題とも絡んで『韓国人は嘘つきだ』とか『国に帰れ』などという攻撃的言動が横行している。
    その意味で、私は昨今の「嫌韓ブーム」は、日韓の問題ではなく、日本国内の社会問題であると見ています。

    周来友:(以下、周)本来なら、日本はもっと堂々としていればいいと思うんですけどね。『日本はすごいんだ』
    とか『世界から尊敬されているんだ』とか言っている出版物やテレビ番組が目につきますがそれ自体、
    自信喪失の現れ。私が言うのもなんだけど、技術や社会秩序、文化など、中国や韓国がどう逆立ちしても
    50年は絶対に叶わない、日本はいいものを沢山持っているじゃないですか。

    長年日本に住んでいて日々感じているんです。

    金:安倍政権は『強い国日本』というスローガンを掲げていますが、そもそも日本は強い国。GDPで中国に
    抜かれて第3位になったからといって、4位のドイツとの差も歴然で、当面は抜かれる可能性があるわけでもない。

    それなのに、排外主義の動きが高まっているのには、 日本の外国人居住者の少なさも一因だと思います。
    全人口に対する外国人の割合は、ヨーロッパで11%ほど、韓国は3.1%ですが日本は1.6%しかない。
    異質なものに対する不慣れ、という事情もあるのではないでしょうか。

    周:それは仕方のないことですよ。何しろ、日本はよくも悪くも島国ですからね。しかも目をいつも欧米に
    向けているんです。近頃、ヨーロッパが移民に悩まされているのをみて、余計に心配して逆戻りしようかなと
    動揺する部分もあります。

    金:対韓感情に限って言えば、ブレ幅が大きいことも気になります。内閣府の調査によると、2011年には
    日本人の約62%が韓国に対して親しみを感じていたのに、翌年には39%台に急落しているんです。
    李明博の竹島訪問や、天皇への謝罪要求が取り沙汰された事などが背景にあるのですが、こうした大幅な変化は
    中国や他の諸外国に対しては見られない特徴。

    周:それは韓国の日本に対する態度がブレているから、というのもあるんじゃないですか? 韓国の大統領は
    就任当初は対日政策で未来志向を打ち出したりするのに、支持率が落ちてくると急に強硬な反日に転じるじゃない?

    ある意味ではその点、中国政府の対日政策は一環していると言えるかもしれない。
    (以下略。かなり長いので、続きはソース元にてお願いします)

    niftyニュース 2014年5月24日(土)
    http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/spa-20140524-646916/1.htm


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/05/26(月) 21:22:13.20 ID:???.net
    no title

    no title


    【済州=ニューシース】ガングゼナム記者 = 済州市内都で真ん中で 25人乗バスが火炎に包まれてこの
    一帯交通が混雑をもたらした.

    済州島火消し安全本部によるとこの日午後 2時43分頃済州空港で老兄五叉路方向に運行する 2車線で
    信号待機中だったバスエンジン近所で火が起こって午後 2時54分頃進化された.

    この火事でバスは丸焼けされたし車の中にあった運転手 A(39)氏など 2人が待避して人命被害は
    発生しなかった.

    火事を見守った一市民は “もとの通りに真ん中でバスが火炎に包まれていて驚いた”と
    “中にあった人がけがをしなかっただろうか憂わしい”と言った.

    事故を接したネティズドルは “事故でしょうか? テロではないでしょう?”
    “済州バス火事事故原因が何か?” “無残だ” などの多様な反応を見せている.

    一方去年 5月23日済州市ノヒョンドン神秘のもとの通りに駐車場に止められた観光バスで
    火事が発生してから一年にぶりに済州地域でバス火事が発生にバスに対する安全点検必要性が
    申し立てられるように見える.

    [総合]済州市内都で真ん中でバス '火炎'…人命被害なくて
    記事入力 2014-05-26 17:08
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=003&aid=0005867862


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ