ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 15:04:41.92 ID:???.net
    【特集】安全後進国「走ると崩れそう」、体育の授業ができない学校も
    no title

    no title

    no title


    旅客船「セウォル号」が沈没してから2週間ほどたった29日、ソウル・江北地区にあるA中学校の5階。
    2年生の教室に入り、教壇の上から床を見ると一瞬、めまいを感じた。教室の出入口から窓側に向か
    って床が高くなっており、傾きが感じられるほどだった。学校関係者は「床を水ぶきするたびに水が
    廊下側に流れ、たまってしまう」と話した。一緒に来た施設安全専門家は「工事の最初段階で基礎部分
    を水平にしないまま進めたためだろう」と指摘した。

    1964年に鉄筋コンクリートで建てられたこの建物。教室と廊下のひび割れや剥がれたペンキの程度は
    あらためて言うまでもないほどひどい。教室の床は崩れた歩道のブロックのようにあちこちくぼんでいた。
    大人の指が半分ぐらい入る深さなので、ヒールの高い靴を履いている女性はおちおち歩いていられない
    だろう。学校側は「生徒たちには教室中では絶対に走らず、いつも気を付けるよう呼び掛けている」と話し
    た。この校舎は2008年の安全性評価で補修・補強が至急必要だと判定され「災害危険管理施設」に指定
    されたが、いまだに補修・補強工事ができていない。その間にも壁の亀裂はいっそうひどくなり、コンクリ
    ート強度も落ちていることが昨年の安全性評価で確認された。この学校より3年以上前に建てられたソウ
    ル市麻浦区内の麻浦マンションは既に20年以上前に撤去され、建て直されている。

    セウォル号沈没の悲劇が今も続いている中、災害危険施設と判定された全国の学校校舎・施設133棟で
    児童・生徒たちは今も授業を受けている。子どもたちはいつ崩れてもおかしくない安全の死角地帯で毎日
    を過ごしているのだ。

    ■災害危険膨らむ学校施設
    同じ日に訪れたソウル・江北のB小学校も、建物4棟のうち3棟が安全性評価でD判定を受けた災害危険
    施設だ。

    1975年に完工したソウル駅の高架道路などD判定を受けた構造物は判定から1年以内に撤去されている
    ケースが多い。また、マンションがD判定を受ければ普通、建て直しの手続きに入る。しかし、学校につい
    ては「近所に住む児童・生徒を遠くの別の学校に割り当てるのは難しい」という理由などで、D判定を受け
    ても放置されるケースが多かった。このため、学校関係者の中には「いっそE判定を受けて使用停止にな
    った方が気が楽だ」という人もいる。

    2008年D判定を受けたB小学校は先日、教育当局に「状態がさらに悪化しているようだ」と安全性評価を
    要求したが「もう少し待て」という回答が返ってくるばかりだ。体育の時間に主に使われていた校舎3階の
    講堂は無用の長物になっている。「中で走ったら崩れてしまうのでは」という心配から、雨の日でも体育の
    授業をここでは行わない。学校側は2階の図書館に新刊を入れるのも気が気でないという。

    学校関係者は「読書教育を強調し、毎年2000万ウォン(約200万円)相当の本を買っていたが、今はこの
    建物では本の重さに耐えられそうにない。本を書架に入れるたびに薄氷を踏む思いだ」と話した。

    教育部の集計によると、安全性評価でD 判定・E判定を受け、災害危険施設とされた全国の小中高の
    建物は昨年の時点で133棟に上るという。最近は使用中止や撤去準備が続いているが、ほとんどの建物
    は予算を確保できず使われ続けている。

    ソウル科学技術大学安全工学科のキム・チャンオ教授は「最近のように異常気象が顕著になると、自然
    災害の可能性も高まる。学校も例外ではない。体育館などの付帯施設が特に危険だ」と指摘した。

    ソウル市内にある女子高の体育館も5年以上前に安全性評価でD判定を受けた災害危険施設だが、最近
    まで生徒がバスケットボールやバドミントンをしていた。ところが、セウォル号が沈没したのを受けて教育
    当局が遅ればせながら「使用禁止」としたため、今では立入禁止となっている。教育界関係者は「あんな
    危険な体育館で今まで事故がなかったのが奇跡だ」と話した。

    郭守根(クァク・スグン)社会政策部記者

    >>2以降につづく

    ソース 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/27/2014052701322.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 11:32:25.40 ID:???.net
    (写真)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    ソウル市麻浦区(マポグ)の大手スーパー「ホームプラス」ワールドカップ店で26日午前、
    モデルたちが「頑張れ大韓民国、行こうホームプラス」というスローガンを掲げ、サッカー・
    ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に臨む韓国代表の応援プロモーション活動を実施
    している。

    ソース:朝鮮日報/NEWSIS
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/27/2014052700964.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 11:09:59.03 ID:???.net
    1か月24時間騒音デモ、住民4人を傷害罪で起訴

     昨年末から今年初めにかけ、全羅北道任実郡の陸軍第35師団の前で1カ月近くにわたり、葬送曲を
    流してデモを行っていた住民らについて、全州地検が傷害罪で起訴した。騒音を伴うデモをめぐり、
    検察が「集会および示威(デモ)に関する法律(集示法)」ではなく刑法の傷害罪を適用したのは
    初めてだ。検察はこれについて「騒音は集示法が定める基準に満たなかったが、騒音を発生させる
    こと自体をデモの方法とする行為を処罰することで、合法であるかのように装った違法なデモに
    厳しく対処しようという趣旨だ」と説明した。

     全州地検刑事2部(イ・ウォンゴン部長)は26日「第35師団の近所で葬送曲などを繰り返し流し、
    約2000人の将兵の訓練や歩哨などの任務を妨害したり、ストレス性の耳鳴りを引き起こしたりした男
    (60)ら住民4人を、公務執行妨害と傷害の罪で在宅起訴した」と発表した。

     第35師団の前で葬送曲を流すデモは、同師団が全州市から任実郡に移転した直後の昨年12月19日に
    始まり、今年1月7日からは毎日24時間続いた。多くの将兵が睡眠障害や幻聴などを訴えたが、任実
    警察署は騒音が基準値(住居地域では昼間80デシベル、夜間70デシベル)を下回っているとの理由で
    放置していた。本紙が1月17日、将兵たちの被害の訴えについて報じた直後、警察がデモの制限を
    通告し、ようやく中止された。騒音を伴うデモについてはこれまで、集示法の規定により、私生活上の
    平穏を脅かすケースや、騒音の基準値を上回っている場合に限って、所轄の警察署長が禁止または
    制限を通告し、これに反した場合には処罰された。警察によると、2004年から昨年までに、騒音基準に
    違反して処罰されたケースは56件に達するという。

     第35師団の前で騒音を伴うデモが始まって以降、多くの将兵が睡眠障害や幻聴などを訴えており、
    検察はこのうち、耳鳴りなどの急性ストレス反応が出ている将校4人について医師の所見を添付し、
    住民らを傷害罪で起訴した。検察は「急性ストレス反応はすでに裁判所で傷害罪が求められている」と話した。

    全州=金昌坤(キム・チャンゴン)記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/27/2014052700852.html


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ