ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title1: 荒波φ ★ 2021/01/21(木) 14:10:40.10 ID:CAP_USER
    2001年にJR新大久保駅(新宿区)で線路に落ちた男性を助けようとした韓国人留学生の李秀賢(イスヒョン)さん(当時26)らが亡くなった事故から26日で20年になる。日韓関係はこの間、悪化の一途をたどっている。どうすれば改善の道が開けるのか。2016年7月から17年10月まで駐日韓国大使を務めた李俊揆氏に聞いた。(朝日新聞編集委員・牧野愛博)

    ――事故から20年が経ちました。

    恥ずかしい気持ちになるばかりだ。李秀賢さんの○身成仁(身を捨てて仁をなす行為)によって生まれた両国民間のお互いを思いやる心を育てられず、現在のような最悪の韓日関係を作り上げてしまった。本当に李さんに合わせる顔がない。

    ――なぜ悪化してしまったのでしょうか。

    最も重い責任は、両国関係発展のための意思と能力が不足していた両政府と政治指導者にある。韓日両国は不幸な過去を背負っているため、常に肯定的な出来事と一緒に否定的な問題も生み出してしまう。両国関係の発展のためには、否定的な面を極小化し、肯定的な面を極大化することが当然の仕事なのだが、現実に起きたことはいつも正反対のことばかりだった。

    ――日本には「何度謝っても、韓国は約束を破る」という声もあります。

    日本の立場では、そう考えるのかもしれない。ただ、「日本の謝罪には真心がこもっていない」という韓国の主張にも一理があることを理解して欲しい。日本側がせっかく謝罪しても、すぐに政府高官が正反対の言動に出る場合が多いからだ。この悪循環を断ち切らなければいけない。

    日本が真心のこもった謝罪をし、韓国も大抵の日本側の言動には大騒ぎしない、心の広い決断が必要だと思う。

    ――中国が地域内で影響力を拡大していることが、韓国の行動に変化を与えているのでしょうか。

    韓国の対日関係において、中国が与える影響力は大きくない。韓国は、日本と中国のどちらを選ぶかという選択には迫られていない。韓中日3カ国協力において韓国が最も積極的だという事実にも意味がある。

    日本の方たちは「なぜ、韓国は同じ価値観を持つ日本を脇に置いて、中国と接近するのか」という疑問を持つのだろうが、これは価値観とは関係がない。韓国は日本とも中国とも、良い関係を維持していけると考えている。

    ――韓国が主要20カ国・地域(G20)になったことと、日韓関係の悪化は関係がありますか。

    韓国の国際的な地位が上がったことで、国家的なプライドも高まったのは事実だ。だが、日本の方たちが持つ疑念のように「韓国の地位が上がったことで強く出てきている」ということではない。韓日関係は、そのような論理では説明がつかないほど特殊な関係だということだ。


    2021.01.21
    https://globe.asahi.com/article/14122798

    引用元: 【あさひしんぶん】 新大久保駅事故から20年 最悪の日韓関係、「亡くなった韓国人に合わせる顔ない」の声 [01/21] [荒波φ★]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 蚯蚓φ ★ 2021/01/20(水) 17:18:33.99 ID:CAP_USER
    3・1運動の失敗は武装闘争に発展した。キム・グ(金九)先生個人の立場から見れば、激しかった日帝治下での武装闘争を指揮して日本への敵意だけが個人の人生を支えたのかもしれない。現代社会の観点で彼はテロリストの指導者に過ぎない様にも見える。

    しかし、彼が朝鮮独立の目的と朝鮮の役割として人類文化に貢献できることに意義をおいた事実は実に偉大である。私たち民族はそういう民族だ。もはや私たちが私たちの共同体文化の中に悠久な歴史を通じて溶け込んだ文化の力で世界覇権に挑戦しなければならない適期を迎えている。

    外国人が集まってきている。Kポップやドラマなど韓流コンテンツの拡散と人気が急騰し、全世界的に韓国文化に対する関心が大きく増加したのが最大の原因だ。防弾少年団に代表される韓流が特定地域でなく、地球村のすみずみまで食い込み、そして、アジアと中東など一部地域に限定されていた韓国ドラマの人気もネットフリックスなどOTTの拡散に力づけられて次第に地域の境界を崩して広がっている。

    今、韓流の拡散がアジアを越えて西欧圏まで広がり韓流は全世界的現象に成りつつある。ところで、このような西欧圏の韓国文化に対する関心はもう一つのトレンドを作り出している。Kポップとドラマの影響で東洋人を眺める視点が変わっているのだ。アジアの中でも特に韓国人に対する関心が増えたという分析だ。Kポップとドラマの他に韓国の国力上昇がここでもより大きな原因として作用している。

    私たちはもうかなりの西欧圏国家より良い暮らしの国に成長した。生活に必要な各種インフラや便宜施設もやはり最高水準だ。
    (中略:韓国の公共交通システム、決済システム、無料Wi-Fiと超高速インターネット、多様な食文化、女性一人で夜歩ける安全性、病院と医療費)

    今回のコロナ パンデミック状況で全世界が苦痛を味わっているなか、韓国だけ単独で防疫に成功し、封鎖なしで正常な生活を継続している。安全な国、便利な国、発達した国、そして親切な国というイメージが韓国を一度訪問してみた人々にはっきり刻印されているのだ。

    一方、居住外国人の数が急増している。韓国に居住する滞留外国人数は2019年250万人を越え全人口比で4%を超える。統計庁の資料を活用して発表された2019年地方自治体外国人住民現況によれば2019前年比8%増加した。ここで外国人住民の基準は韓国で3ヶ月以上居住している外国人を意味する。韓国国籍を持たない者は我が国全人口の4.4%に達っし、類型別には外国人勤労者、外国国籍結婚移民者、韓国国籍を取得しなかった外国人住民の子供などである。

    韓国国籍取得者の人口も急増している。我が国は最近になって多文化社会に近づく様相を見せている。労働人材の不足で外国人労働者が着実に流入し国際結婚の増加が続くものと見られる。そしてこれとは別に韓国での生活を夢見て駆せ参じる外国人も着実に増加している。

    旅行や学業などで韓国生活を経験して再入国する外国人の事例も難なく見つけることができる。事実、以前は黄色い頭に青い目の外国人が通り過ぎれば不思議な目でみんなが見つめた時期もあった。そして外国人に対する私たちの姿勢も多少ぎこちなかったし、韓国で永い歳月生きてきた住民たちさえ完全に異邦人扱いする傾向があった。

    韓国はすでにかなり前に地域中心の社会から抜け出した。所得が増加し先進国の隊列に入ると韓国を訪問する外国人は今後さらに増加すると見られる。多様な文化と人種の移住民を私たちの社会の慣習と規範内で同じ社会構成員に受け入れ包容する知恵が求められている。文化で世界覇権を目指すには、私たちの文化の中に包容し寛容の文化的歴史を新しく作り出す意志から始めなければならない。

    ヤン・ドンイク済州(チェジュ)取材本部長
    no title


    ソース:全国毎日新聞[ヤン・ドンイクの視線]文化の力-世界覇権の鍵である②
    https://www.jeonmae.co.kr/news/articleView.html?idxno=828784

    引用元: 【韓流】 世界覇権の鍵『文化の力』~安全な国、便利な国、発達した国そして親切な国・韓国に世界が注目[01/20] [蚯蚓φ★]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    韓国国旗1: 蚯蚓φ ★ 2021/01/20(水) 23:07:50.00 ID:CAP_USER
    生きていると本当に変な言葉を聞く。「グクポン(国+ヒロポン=愛国中毒)」とは。私たちの文化や製品を世界的だと自慢する傾向や作品をさげすんで言う言葉だ。もちろん以前にはない言葉だ。各種メディアには以前にない言葉が以前にある言葉より多く使われるほど私たちの言語生活は破綻状況に置かれている。

    とにかくグクポンという言葉は略語ではなく新造語と言えるが、一言で私たちのものをめぐる現象を自ら皮肉る言葉だ。私は昨今の私たちの社会の言語生活に不満が強い。このような価値を歪曲する言葉が通用するのははなはだ不適切だ。大衆は時流にのってむやみにそういう言葉を口にするが、主要メディアが先に立って使うのはまったく見苦しい。

    5千年の歴史で韓国が一度でも世界に存在感を表わしたことがあったか。6.25動乱戦争(朝鮮戦争)が起きた時、助けにきた米軍兵士の大部分は韓国がどこにあるのかさえ知らずにきた。わずか70年前に廃虚になった国がこれまで先祖が血の汗を流して世界10大貿易大国にし、全世界に韓流の風を起こして韓国の地位が非常に高くなった状態だ。

    世界の若者たちが韓国という言葉を聞くだけで歓呼する。想像さえできなかった夢が現実に起きている。見ても信じられないほど韓国はグローバル先頭隊列国家になった。Kポップ、Kフード、前にKの字さえ付ければ世界に通じる。

    一時、西欧社会にはオリエンタリズムとして中国ブームが起きたし、その後にジャパニズムとして日本ブームが起きたことがある。中国の陶磁器、日本の絵のようなものが西欧文化に大きな風を起こした。

    もはやコリアニズムと呼んでも良いほどmade in Koreaすなわち韓国発商品や文化が全世界をさらっている。BTSが歌った歌、ポン・ジュノの映画「パラサイト」、ウェブトゥーン、そして家電製品やラーメン、海苔を問わず韓国製なら名品として優遇される。すごい成就で誇らしい。国内ではあまり実感できないが、海外では私たちが考える以上に韓国の風が吹きつけている。

    5千年ぶりに初めて韓国の時代が到来したのだ。

    インドの詩聖タゴールは「かつてアジアの黄金時代に/輝く灯の一つであった朝鮮/その灯が再び明かりを照らす日には/あなたは東方の明るい光になるだろう」と日帝下で苦しむ韓国人に激励を惜しまなかった。今日、私たちはタゴールの友情に満ちたメッセージのとおり東方の灯を越えて世界の灯になった。

    これがファクトだ。韓国は西欧強国と肩を並べるまでになった。G7に入る門の敷居に立っている。ところで韓国がすごいといえばグクポンだとバカにする。それも他国の人ではなく、我が国の中にそんな人々がいる。

    1979年ハーバード大教授エズラ・ボーゲル(Ezra Vogel)は《一等国家日本(邦題:ジャパン・アズ・ナンバー・ワン)》という本を出した。日本の経済的成功を解剖した本だ。もはや、その代わりに《一等国家韓国》と言っても一つもおかしなことではなくなった。誇らしいではないか。その誇らしい、というのが行き過ぎなのか。映画「国際市場」をグクポン映画という人々の心を私はとうてい理解できない。

    外国のある人は「韓国人だけが韓国を知らない」と言ったことがある。世界が最高と認める国をその国の人々は自己卑下をご飯食べるようにする。私はそのような人々に訊ねたい。それなら韓国のほかに、世界のどの国に行って住みたいのか。実際にそのような質問には返事を返せずごまかす。

    今、韓国は世界で二番目に暮らしやすい国だ。一番目はどこの国か?一番目の国はまだあるかないか分からない。愛国、国自慢をグクポンというとは。愛国歌もグクポンというかと思って恐ろしい。グクポン、私はこれが良い。

    ソース:市民の声(韓国語)グクポン
    http://www.siminsori.com/news/articleView.html?idxno=224874

    関連スレ:【韓流】 世界覇権の鍵『文化の力』~安全な国、便利な国、発達した国そして親切な国・韓国に世界が注目[01/20] [蚯蚓φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1611130713/

    引用元: 【韓流】 五千年の歴史で初めて韓国の時代が到来した。それを誇らしいと言うと「グクポン(愛国中毒)」なのか[01/20] [蚯蚓φ★]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title1: 動物園φ ★ 2021/01/21(木) 03:16:09.79 ID:CAP_USER
    日本の2歳の歌姫をカバーした少女時代メンバー、韓国ネットから「売国奴」と誹謗中傷受ける
    Record China
    配信日時:2021年1月20日(水) 19時20分


    2021年1月20日、韓国で日本の“2歳の歌姫”村方乃々佳ちゃんへの誹謗(ひぼう)中傷が問題となる中、ガールズグループ少女時代のテヨンが乃々佳ちゃんの歌のカバー動画を公開し、さらに波紋が広がっている。

    乃々佳ちゃんは第35回「童謡こどもの歌コンクール」で見せたかわいらしいパフォーマンスが話題となり、韓国でも人気を集めている。しかしこのほど、インスタグラムの韓国公式アカウントに「乃々佳ちゃんの両親が子どもを利用している」「汚い日本人は消えろ」など度を越えた誹謗中傷の書き込みが寄せられているとして「法的措置を取る」と発表していた。

    そうした中、テヨンは19日にインスタグラムを更新し、「あなた(乃々佳ちゃん)は本当にかわいい」とのメッセージと共に乃々佳ちゃんがコンクールで歌った「犬のおまわりさん」を歌う動画を掲載した。また「乃々佳ちゃんのファンだ」「これからも良い歌をたくさん聞かせてね」などの応援メッセージも送った。

    これを受け、乃々佳ちゃん側もテヨンの投稿をシェアしつつ「私たちもいつも応援しています。気に入ってくれてありがとうございます」と書き込んでいる。

    ところがこれを見た一部のネットユーザーからは、テヨンに対する誹謗中傷が相次いでいる。主な内容は「ノージャパン(日本製品不買)運動」に反するテヨンの行動を批判するもので、「売国奴」「こんな時期にあえてする必要があるのか」「愛想が尽きた。一般人でもなく、韓国を代表するグループのメンバーなのに。SNSで日本の過去の蛮行を伝えても足りないぐらいだ」「結局は日本のファンだということじゃないか」などの声が寄せられている。

    https://www.recordchina.co.jp/b868487-s0-c70-d0058.html

    引用元: 【韓国】韓国アイドルが日本の2歳児歌姫を応援 韓国民激怒「売国奴だ!」 [動物園φ★]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    20210120_2119001: 昆虫図鑑 ★ 2021/01/20(水) 16:10:05.34 ID:CAP_USER
    韓国で、軍の軽空母導入の是非を巡る論争が熱を帯びている。

    中央日報は19日、「韓国は1隻もないが…中国、3隻目の空母が年内進水か」と題した記事を掲載。本文の中に、韓国も導入を急ぐべき、とする主張は見当たらないが、タイトルだけ見れば同紙がそういった主張を持っているものと解釈できる。同紙の過去記事を見ても、海軍の軽空母導入を待ちわびているかのように見える。

    対して、朝鮮日報は導入反対の論調を鮮明にしている。17日付の記事では、「この軽空母を巡る韓国軍の作戦上の所要が何なのか分からない」と指摘。

    最近、空母導入に力を入れる日中を例に挙げ、「中国は海岸線の長さだけで1万キロに達し、日本はEEZ(排他的経済水域)が韓国の8倍を超える。九州から太平洋の南鳥島までの距離は1800キロに達する。韓国は、守るべき海が広くない。陸上基地から発進する戦闘機が東海、西海、南海のEEZのどこであろうと速やかに到達する」などとし、不要論を展開した。

    韓国メディアの平均的な論調は、慎重論に傾いているように見える。韓国の軽空母導入は「コスパ」が合わない、との解説は多くの識者から出ており、それに対する専門的な反論はあまり見当たらない。

    たとえば、韓国の月刊誌「新東亜」2020年10月号は、「韓国型航空母艦、このままでは7兆ウォンの標的艦に」と題したイ・イル自主防衛ネットワーク事務局長のレポートを掲載している。軍の空母導入妥当性評価に民間研究員として参加したイ氏は、自らの研究結果は「朝鮮半島近海で韓国の軽空母は生存が不可能だということだった」としながら、「このような立場は、米海軍が提示する海域別の艦船生存性評価資料でも同じように示されている。韓半島の周辺海域、特に西海(黄海)はホルムズ海峡に加え、世界で軽空母が生き残る上で最も危険な海として評価されている」と指摘。

    さらには中国、そして日本との戦力差に言及しながら、「韓国の空母は絶対に勝てない」と断言している。

    こうした理論的なハードルは、文在寅政権の与党・共に民主党ですら乗り越えられずにいる。韓国国会が先月2日の本会議で議決した今年度の国防予算は52兆8401億ウォン(約5兆300億円)で、前年比で5.4%も増えている。新型コロナウイルスで国家財政が打撃を受けながらも、文在寅大統領が昨年8月15日の演説で国民に約束した「誰も揺るがすことのできない国」に向け、軍事力増強の決意を示したものと見える。

    しかし、新兵器導入構想の中でも話題の中心になってきた軽空母関連の予算は、研究用とシンポジウム開催のための1億ウォン(約950万円)しか割り当てられなかった。防衛事業庁が101億ウォンを要求していたことを考えると、「ゼロ回答」に近い結果だ。

    それでも、青瓦台(大統領府)は何がなんでも軽空母導入を推し進めるつもりのようだ。その理由は何か。ハッキリ言って、ナショナリズムの表出以外の答えが見つからない。過度なナショナリズムが国際的な友好協力に有益でないのは言うまでもないが、それが軍事面に表れることには、不穏なものを感じざるを得ない。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20210120-00218451/

    引用元: 【日韓】「韓国の空母は日本にぜったい勝てない」韓国専門家も断言 [1/20] [昆虫図鑑★]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ