ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    no title1: 動物園φ ★ 2017/01/21(土) 16:48:15.20 ID:CAP_USER9
    デイリースポーツ 1/21(土) 16:32配信

    窪塚洋介 日本政府を批判「弱者に目も向けない」

    初日舞台あいさつを行った浅野忠信(左)と窪塚洋介=都内

     俳優の窪塚洋介(37)が21日、都内で行われた米映画「沈黙-サイレンス-」の初日舞台あいさつで「弱者」に対する政府の姿勢に疑問を投げかけた。

     映画はマーティン・スコセッシ監督(74)が江戸初期の長崎を舞台に隠れキリシタンへの弾圧を描いた。司会者から「社会的弱者に対するこの映画のメッセージは?」と質問されると、窪塚は「2011年の3月11日に東北大震災(東日本大震災)が起こってたくさんの弱者が生まれました。なのに、この国のみっともない政府の連中は他の国には1兆、2兆、3兆円とオレたちの血と汗の税金を使って、ばらまき倒して自分の国の弱者には目も向けないじゃないですか」と厳しい言葉で現状を分析した。

     その分析を踏まえ、窪塚は映画のテーマになぞらえ「神が沈黙しているのなら、自分の心に答えを見つけて前に進んでいかなきゃいけない。重い映画だけど、オレたちを導いてくれるし、今の時代に必要だと思う。マーティン・スコセッシ監督は命がけです」と強調した。

     世界的な映画監督でもある塚本晋也(57)も「一生懸命やってきた一般の人々を力で押しつぶそうと歴史は延々と繰り返してきた。日本は70年そんなことがなかったと喜んでいるが、ウカウカしていられない状況になってきた」と警告。ただ、台湾での撮影はユーモアを交えながら「殉教を覚悟してました。僕は監督としては役者に危ない目はさせないんですけど、大波をかぶるシーンは『ヤベー』と思いました。鼻に水が入ってセリフがしゃべれない。付け歯もぶっ飛びましたからね」と明かした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000055-dal-ent

    引用元: 【芸能】窪塚洋介 日本政府を批判「この国のみっともない政府の連中は弱者に目も向けない」


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/01/21(土) 11:40:16.82 ID:CAP_USER
    北原みのり「『平和の碑』と『少女像』」〈週刊朝日〉
    dot. 1/21(土) 11:30配信

    「忘れさせよう」とする国の力と、「忘れてはならない」と考える人々の声。どちらに私たちは寄り添うべきだろう (※写真はイメージ)

     作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は韓国のデモ、少女像問題について言及する。

    *  *  *
     大晦日はソウルで過ごした。今、ソウルでは、毎週土曜の夜に光化門前に市民が集まり、朴槿恵政権への抗議の声をあげている。土曜日が大晦日と重なったこの日も、幅34メートル×長さ557メートルの巨大広場、さらに12車線の道路全て塞いでもなお人の波が路地に溢れるほどの熱気に満ちていた。巨大ステージが組まれた会場では、スピーチとライブが交互に行われ、有名な歌手のステージなど街が揺れるほど大きな歓声で盛り上がっていた。なにこれ、デモなの? フェスなの? しかもマイナス4度なのに何でこんなにみんな熱いの!?

     韓国のデモは、なぜなんだろう、私が知っているデモとまるで違う。例えばソウルの日本大使館前には、毎週水曜日になると日本軍「慰安婦」被害者や支援者が集まる。中学生から老人まで数百人規模で集まる場でくり広げられるのは、歌や踊り、芝居、そして丁寧な語りだ。1992年からずっと、決まった時間に彼女たちは立ち続けてきた。以来欠かさなかった集会を初めて休んだのは、阪神・淡路大震災の時だった。大使館前での抗議を「反日」と言う人は多いが、東日本大震災の時は追悼集会を開き、熊本地震の時は、日本軍「慰安婦」被害者である金福童さんが募金を呼びかけていた。時には「独島は韓国固有の領土」と勇ましいプラカードを持つオジサンがうろついているけれど、こういう人は、人権と平和を訴える女たちの場で完全にアウェイだ。

     水曜集会が始まったばかりの90年代前半の映像を見たことがある。たった数人の女性たちが「日本政府は謝罪しろ!」と声をあげ、街行く人は、ただ前を足早に通り過ぎていった。「恥ずかしい過去を何故語る?」というのが当時の韓国社会のフツーの眼差しだったという。そういうなかで、四半世紀、女性たちは日本大使館前に立ち続けた。これは女性の人権の問題なのだと訴え続け、韓国社会だけでなく国際社会も動かしていった。その集会の千回を記念して2011年に創ったのが、「平和の碑」だ(一般に「少女像」と呼ばれている)。

     一昨年末の「日韓合意」は、国会での公式謝罪、教育、賠償を求めてきた被害者からすれば受け入れられないものだったろう。さらに被害者の闘いの記憶である「少女像」まで持ち出されたことで、市民たちの関心が高まった。

     今、話題になっている釜山の日本総領事館の前の「少女像」は、「合意」への抗議として市民たちが企画したものだ。ソウルの「平和の碑」と釜山の「少女像」は設置の背景も、創った団体も違う。それでも、たとえどんな理由であっても、国家の横暴に「それは違う」と声をあげる権利がどの国民にもあるはずだ。

     日本のメディアは「韓国が約束を反故にした」という方向の報道ばかりだけど、嫌悪を煽るのではなく、冷静に考えてみたい。「忘れさせよう」とする国の力と、「忘れてはならない」と考える人々の声。どちらに私たちは寄り添うべきだろう。

    ※週刊朝日 2017年1月27日号
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170119-00000188-sasahi-kr

    引用元: 【朝日】北原みのり「少女像問題、冷静に考えよう。『忘れさせよう』とする国と『忘れさせない』とする人々、どちらに寄り添うべきか」 [無断転載禁止]©2ch.net


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    20170121_1336001: ダーさん@がんばらない ★ 2017/01/21(土) 11:52:42.44 ID:CAP_USER
    日本が釜山少女像を撤去しなければならないという主張の根拠としているのは、「外交関係に関するウィーン条約」である。

    1961年に締結されたが、国際条約は円滑かつ、正常な外交活動のために、各国の外交官に特別な権利と地位を付与することを内容とする。

    そのうち、第22条は次の通りである。

    1.公館地域は不可侵である。接受国の当局は領事機関の長の同意なしに公館地域に入ってはならない。

    2.接受国はどのような侵入や損害に対しても公館を保護し、公館の安寧を妨害したり、威厳の侵害を防止するために、すべての適当な措置をとる特別な責務を有する。

    3.公館地域と同地域内の用具類やその他の財産と公館の輸送手段は、捜査、徴発、差押えまたは強制執行から免除される。

    釜山領事館付近の少女像に係る部分は、第2項中「公館の安寧を妨害したり、威厳の侵害(disturbance of the peace of the mission(consular post)or impairment of its dignity)」である。

    いわば壁の隣に少女像を立てたのが領事館の安寧を妨害したり、領事館(日本)の威厳を侵害させるというのである。

    ユン・ビョンセ長官が「国際社会での外交公館の前に造形物を設置することが望ましくないというのが一般的立場」としたのも、この文脈である。

    日本とユン・ビョンセの論理は、果たして理にかなっているのか。

    果たしてこれが妥当な論理か。

    推論と外国の事例を通じて考えてみましょう。

    1.釜山の少女像は、その位置上、領事館を出入りする人や車両に支障を与えない。

    ただ高い壁に物理的に近くにいるだけである。

    行き来する市民が、この少女像を少しずつ覗いたり写真を撮るからといって、領事館の安寧が侵害されるとは言い難い。

    領事館の安寧の侵害とは、例えば、東区役所が少女像を撤去しに出たときに行われた阿修羅版のようなもの、それに該当するものである。

    じっとしておけば、安寧が侵害される理由がないのである。

    2.したがって少女像を設置してはならないという日本(そして「通常の立場」を言うユン・ビョンセ)の主張をより直接裏付けるのは、「威厳の侵害」と見ることができる。

    威厳を侵害することをしておいて、威厳を守るというのだから困惑せざるを得ない。

    威厳を守るためには、威厳が損なわれることをしなければならない。

    すでにそのようなことをしたのなら、その歴史の教訓にして、再びそのようなことが起こらないように、自省と反省することが威厳のある態度である。

    歴史の教訓として残そうとする、相手国の市民の造形物についてぶりぶり怒ることが、むしろ、より威厳が損なわれることではないかと思う。

    ソース:Slownews 2017-01-19(機械翻訳)
    http://slownews.kr/61173

    続きます

    引用元: 【韓国】公館の威厳を守る。しかし、表現の自由は?口を防ぐ権利が外国に?誰でもわかる、憲法は国際条約より優先だ[01/21]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ