ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    20170226_210000
    1: 〈(`・ω・`)〉Ψ ★ 2017/02/26(日) 10:51:50.90 ID:CAP_USER9
    少女像撤去か見極め大使ら帰任時期判断 政府
    2月26日 6時03分
     韓国プサン(釜山)の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する少女像が
    設置されたことをめぐり、政府は、韓国の外相が、像の移転が必要だとする
    文書を自治体に送っただけでは不十分だとして、撤去に向けた動きにつながるか
    見極めたうえで、一時帰国させている大使らをいつ韓国に戻すか判断する
    考えです。

     日本総領事館の前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像をめぐって、
    韓国のユン・ビョンセ(尹炳世)外相は、日本総領事館のあるプサン市東区に
    文書を送り、「国際的な儀礼上望ましくない」と少女像を移転する必要があると
    指摘しました。

     これについて、岸田外務大臣は、24日、「韓国政府も合意を着実に履行して
    いく立場に変わりはないと従来から表明している。粘り強く日韓合意の着実な
    実施を求めていく」と述べ、引き続き韓国側の対応を注視していく考えを示しま
    した。
     さらに、外務省幹部は、「プラスの動きだが、求めているのは日韓合意の
    履行であり、そのレベルには達していない」として、対応はまだ不十分だという
    認識を示し、実際に像の撤去に向けた動きにつながるかどうかが重要だとして
    います。
     政府は、引き続き、韓国側の対応を見極めたうえで、対抗措置として一時
    帰国させている長嶺大使らをいつ韓国に戻すか判断する考えです。
    NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170226/k10010890321000.html

    引用元: 【在韓国大使召還・外交断絶】日本政府「戻してやるレベルに無い」 尹外相の手紙作戦を一蹴


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: ダース・シコリアン卿 ★ 2017/02/26(日) 20:24:40.88 ID:CAP_USER
    平昌オリンピックをちょうど1年後に控え、先日その「テスト大会」ともなるフィギュアスケートの4大陸選手権が江原道の江陵で開催されたが、他国からこの大会のテレビ中継を見れば、韓国ではなく日本で開催されたと勘違いしたのではないだろうか。

    それは日本の男女の選手が上位に入ったからではなく、彼らを応援するため江陵にやって来た日本の団体客と、彼らが振る日本の国旗で会場が埋め尽くされたからだ。特に男子の羽生結弦選手が行った2回の競技の直後、リンクは日本人応援団が投げ込んだ花束やプレゼントで埋め尽くされてしまった。

    またこれとは別にリンクを取り囲む日本企業の広告も見る者を錯覚させただろう。中には韓国では事業をしていない日本のレンタカー会社、消費者金融、テレビ通販などの広告も目についた。日本語だけで書かれた広告もあった。スターのパワーはこれほどまでに大きいものだ。

    また日本最大の民放がこの大会をライブで中継した。日本ではライブだけでなく、すでに結果が分かっていても日中や週末、時には夜8時台のゴールデンタイムにも録画で中継されることがある。そのため日本企業はフィギュアのリンクに広告を出す。

    韓国では地上波では放映されず、スポーツ専門のケーブルテレビ番組で放映されただけだ。会場は韓国だが、この大会はまさに日本のためのものだった。

    平昌オリンピックの開会式をちょうど1年後に控えた今月9日、日本のNHKニュースは平昌オリンピックを特集で取り扱った。これは韓国KBS放送の特集にも劣らない内容だった。

    これに対してこの日、韓国のテレビ局各社による平昌オリンピックの取り扱いは、崔順実(チェ・スンシル)問題や口蹄疫(こうていえき)などの後だった。

    このように日本が平昌オリンピックに多大な関心を示すのは、メダルが期待される有力な人気選手が多いからだ。特に男女のフィギュアスケート、スキージャンプ、スピードスケートでは日本人選手の金メダルが期待されている。

    ちなみに同じ頃、スキージャンプのワールドカップが開催されていた平昌では、日本の高梨沙羅を応援するため会場は江陵と同じように日本の国旗が数多く振られていた。

    日本はかつて冬季オリンピックではメダルの常連国だったが、最近の大会は不振が続いていた。とりわけ2002年のソルトレーク大会と10年のバンクーバー大会で日本は金メダルを1個も取れなかった。

    そのため一時は国民の関心が弱まり政府の支援も減った。ところがここ最近、日本が開催国の韓国以上に平昌オリンピックに関心を示す理由は、2020年に東京で夏季オリンピックが開催されるからだ。隣国で開催される冬季大会からオリンピックへの関心を高め、その熱気を2年後の東京大会につなげようというのだ。

    韓国に住むある日本人が先週「日本のある企業から平昌オリンピックの団体チケットを買ってくれと頼まれている」と明かしてくれた。

    多くの日本人にとって北海道に行くのも平昌に行くのもさほど違いはない。日本ではここ数年、景気回復の兆しが見え、国を揺るがすような事件や事故も少なく、国民の間にスポーツに関心を示す余裕が出てきているという。

    そのため韓国が巨額を投じて開催するオリンピックに対しても日本の方が関心が高く、熱気に包まれているようだ。

    このように日本人が韓国に来て楽しんでくれればそれはそれでありがたいことだが、一方で開催を1年後に控えたホスト国の韓国で「そういえばオリンピックがあったな」程度にしか思われていないのは非常に残念だ。


    鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/24/2017022401364.html
    画伯
    no title

    引用元: 【韓国】平昌を埋め尽くす日章旗 中継を見れば、韓国ではなく日本で開催されたと勘違い[2/26]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: シャチ ★ 2017/02/26(日) 18:44:55.19 ID:CAP_USER
    産経新聞 2/26(日) 18:39配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000520-san-pol
     市民団体「行動する保守運動」代表、桜井誠氏(44)が党首を務める政治団体「日本第一党」が26日、
    東京都内のホテルで結党大会を開いた。

     同党によると、出席者は約270人。26日現在の党員数は全国で約1600人だという。

     桜井氏は就任あいさつで「政権をとったら韓国と断交する」と断言した。

     桜井氏は「外国人参政権をよこせというデモが数寄屋橋であったとき、反対するために集まった人数はたったの20人くらい。
    今は300人くらい集まるようになった」と述べ、「世の中を変えるのは、ここにいる皆さんだ。外国人が生活保護を受け、
    日本人が餓死するような社会ではいけない」などと述べた。

     「腹違いの兄貴を平気で○す。人を○すことに金正恩(朝鮮労働党委員長)は良心の呵責を感じない」と述べた上で、
    桜井氏の活動を「ヘイトスピーチ」と批判している神奈川新聞の石橋学記者に向かって「これに抗議しても差別なんでしょ」と挑発した。

     「世界はグローバリズムから自国第一主義に向かっている。
    4年後は東京ドームを満員にするほど党勢をを拡大させたい」などと語った。

     都議選で数人を出馬させる意向を示していたが、これまでのところ、立候補予定者は1人で
    「我こそと思う人は立候補してほしい」と呼びかける一幕もあった。(WEB編集チーム 三枝玄太郎)

    引用元: 【政治】桜井誠氏、日本第一党を結党「政権を取ったら韓国と断交する」[02/26]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ