ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします


    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/18(水) 21:31:29.56 ID:CAP_USER
    「牙山(アサン)民間人虐○」をご存知ですか

    解放後、親日派を擁護した李承晩(イ・スンマン)政権は米軍政と共に南北分断をたくらんだ。韓国民は大きく抵抗した。韓国戦争前後、イ・スンマン政権は抵抗する民間人を「赤処罰」という名目の下、全国のあちこちで虐○した。イ・スンマン政権で虐○を行った主体は主に米軍、国防軍、警察などだった。

    国家に反逆するアカという容疑をかぶせた虐○は民主的で合法的な手続きなしで「疑い」だけでも強行された。反逆者とその家族を処断するという名分の下、犠牲になった対象の中には高齢の人はもちろん婦女子、子供たちも多かった。民間人虐○推定場所は全国168カ所。そのうち発掘されたところはただ13カ所だけだ。牙山にも遺骨が埋蔵された場所で10カ所ほどが推定される。
    (中略:遺体発掘現場の紹介)

    [栗原記者ミニインタビュー]「戦争を憎悪する心は全く同じだ」

    no title

    ▲遺体発掘現場に取材を来た赤旗新聞の栗原記者に附逆容疑について説明するキ・チャンホ遺族会長。(c)ノ・ジュンヒ

    <赤旗新聞>の栗原千鶴記者はろうそく集会の時も、慰安婦問題の時も韓国にきた。彼女は韓国の政治・社会問題取材を主に担当する。栗原記者は「7月末または、8月初め<赤旗新聞>に今回の取材内容が連載記事または特集版の形で報道される予定」と知らせた。
    以下は彼女との一問一答を整理したもの。

    -<赤旗新聞>を紹介してくれ。
    「1928年日本共産党が創刊した<赤旗新聞>は今年で90周年をむかえる。創刊以後ずっと韓国の独立運動を支持し、日帝植民支配を批判してきたメディアだ。1931年3月1日発行新聞では3.1運動を支援し植民政策を取る日本政府に異議を提起した歴史がある。日刊新聞であり毎週日曜日特集版を発行して113万人に達する有料読者を確保している。」

    -ここまで取材を来た理由は?
    「南北首脳会談、北米首脳会談など韓国戦争終戦に対する日本国内の関心は高い。しかし、韓国が休戦状態と知らない日本人も多い。民間人虐○以外に韓国戦争全般の話を日本人に知らせたい。」

    -民間人虐○になぜ関心が高いのか。
    「戦争を起こした日本が韓半島分断の契機を作ったと考えるからだ。しかし、今回の取材は韓国戦争終戦関連取材だ。韓国戦争が民間人に与えた影響と、韓国人が終戦をどのように受け入れて感じるのか知りたかったし、より良い韓国を作ろうとする人々と連係するためだ。」

    -<赤旗新聞>は日本の戦争中加害行為について取材を多くすると聞いた。なぜか。
    「日本が侵略戦争で他国の人々を○した部分に直面すべきで、本当にアジアの国々の信頼を受ける国になることができると考える。日本国内でも原爆と空襲被害犠牲者を知らせて戦争自体を批判的に報道している。」

    -<赤旗新聞>は『私たちは加害者です』という本を出した。
    「韓日間歴史問題解決のために正しい歴史を知らせる作業の一環で出した本だ。『私たちは加害者です』は赤旗傘下の新日本出版社が記録した日帝侵略と植民支配の残酷史を構成した。私が取材した内容も入っている。」

    -牙山(アサン)民間人虐○現場取材を終えた感想は?
    「勇気を出して事件を告発した遺族会長と遺族に敬意を表わす。告発を通じて次世代が同じ経験をするのを防ぎたかった、キム・チャンホ会長の話に感動した。どこの国の戦争も被害を受けるのは一般市民と子供たち、女性、老人だった。戦争を嫌って憎悪する心は全く同じだということを実感した。多くの方と協力して戦争をなくすことができるよう希望する。」

    ソース:オーマイニュース(韓国語) 「日本が起こした戦争、韓半島分断契機作った」
    http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002455306

    引用元: 【韓国】 「日本が起こした戦争、韓半島分断の契機作った」~牙山民間人虐殺現場に「赤旗」記者が取材に来た理由[07/18]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    no title1: 動物園φ ★ 2018/07/18(水) 22:22:11.39 ID:CAP_USER
    Record china
    配信日時:2018年7月18日(水) 12時40分

    2018年7月17日、韓国・KBSは、グーグルマップに「日本海」表記が用いられていることを伝えた。

    記事によると、韓国が主張する呼称「東海」は、地図を拡大すると現れる。以前は韓国でグーグルマップを利用する場合は「東海」と表記されるよう設定されていたが、12日の地図サービスアップグレードで地域別に表示形式を変える機能が省かれたという。これにより韓国で利用する場合も含め、全世界の地図表記が日本海(Sea of Japan)に統一されたそうだ。

    グーグル側は「URLにパラメータ『gl = kr』を追加すると『日本海』が『東海』と表記されるようになる」と説明している。これに対して記事は「グーグル側にこの問題の修正を要請したが、まだ問題は解決されていない」と伝えている。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「グーグルマップを使うな」「韓国から出て行け」「グーグルで働いている韓国人は、この問題をなんとかして」「グーグルが無知なんだ」など批判の声が寄せられた。

    また「国力がないから、仕方ない」「日本は静かに活動している」「東海は諦めよう」「米国は日本寄りだから、米国企業も日本寄りなんだ」「情けない」「別に驚くようなことじゃない」など、国力の差に言及する意見も見られた。(翻訳・編集/三田)

    https://www.recordchina.co.jp/b626186-s0-c30-d0124.html

    引用元: 【韓国】グーグルマップが「日本海」表記に統一 「グーグルは無知」「国力がないから」―韓国ネット


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!


    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/18(水) 22:58:19.95 ID:CAP_USER
    遠くて近い国。釜山(プサン)なら済州島より対馬が近い。近い国ながらも日本大使館の向かい側にきちんと韓服を着た無表情な短髪少女を置いて顔を赤らめる国が日本だ。その日本についてイ・スジン教授の「本で見る日本」で見る<編集者注>

    no title

    ▲『南倭工程』チョン・ギョンイル著、2011年12月ⓒダ・ヴィンチブックス

    チョン・ギョンイルの『南倭工程』(ダ・ヴィンチブックス、2011)を複雑で息苦しくて不安な気持ちで読んだ。著者が7年かけて徹底した研究の末に出した結論が十分驚くべきだった。「日本はまちがいなく2045年に韓半島を再侵略する」という主張。

    この主張は根拠のない挑発ではなく、韓国史と日本史を徹底的に研究して巨視的観点で客観的な歴史的証拠とパターンを通じて引き出した衝撃的なほど正確な予測だ。

    この本をきちんと読めば分かが、韓半島と日本の地政学的悪縁によって形成された古代から現代まで、日本の韓半島に向かった残酷行為がまさに「倭寇」という日本特有の○戮海賊集団による不幸であることを明らかにしている。

    古代三国時代から高麗、朝鮮を経て大韓帝国の強制併合に至るまで日本の一方的で残酷だった韓半島侵略史が古代の倭寇から始まったことを静かな語調で伝える著者の文体がかえって日本の形をより一層りつ然と感じられるようにする一助になっている。

    実際、日本自衛隊は米国や中国と対等に対抗できる程の巨大軍事組織勢力に育ち、アジア最強と言っても過言ではない。古代の倭寇が中世の朝鮮を7年間も蹂躙した壬辰倭乱と丁酉災乱、また、近代や現代になって帝国主義勢力で巨大になった倭寇が36年間どれほど韓半島を疲弊させたのか?こう見れば日本自衛隊は日本の倭寇的習性が最も尖鋭に拡大した実質的な脅威であるわけだ。

    韓国は北朝鮮と日本を同時に相手にしなければならない途方もない負担を抱えていることになる。実際の状況がこうであるにもかかわらず、韓国人は日本と日本人たちについてまだ心情的優越意識だけに捕われて事態の本質を正しく見られずにいる。明らかに日本は韓半島から多くの文物を受け入れて国家を形成し文明化された。しかし、いつまで精神的優越感と心情的満足感に目が見えなくなっていて、日本を正しく見ることができるだろうか?

    現実的に日本と韓国の経済的差と技術的格差だけでも韓国は日本と対等は言えない。その上、日本と日本人は決して韓国人が自慢してはばからない礼儀で治めるほどの国家も国民でもない。国際政治でしつけと相互尊重は自分が相手ぐらいの力を整えている時だけ効力がある。弱小国はいつも強大国の利益によりいくらでも侵略と植民地化が反復される可能性があることを知らなければならない。

    いつになったら、日本と日本人の本質を正しく見てまともに備えることができるだろうか?韓国で若者らの間に自然発生的親日派が生じており、若い世代の日本に対する漠然としたあこがれでも、日本帝国主義を体験した既成世代のその時期に対する郷愁などが明確に大きな負担であることは間違いない。従って個々の韓国人らが日本と日本人の本質について正しく知ろうと思うならば日本と日本人の本質に敷かれている倭寇的属性を先に分からなければならない。
    (後略:倭寇の説明。イスラエル等)

    イ・スジン教授

    ソース:デイリーズ(韓国語) [本で見る日本①]日本の韓国再侵略仮設と世界作動方式からマリン来たヘリコプター墜落
    http://www.dailies.kr/news/articleView.html?idxno=10528

    引用元: 【本で見る日本】 21世紀の倭寇・日本自衛隊が韓国を再侵略する~チョン・ギョンイル著『南倭工程』[07/18]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ