ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    20231211_11441: Ikhtiandr ★ 2023/12/10(日) 18:18:11.29 ID:8SdOHpLH BE:456446275-2BP(1000)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_morara01.gif
    米音楽業界のポップミュージック部門で人気を不動のものにしたBTS。中でもメンバーの一人、ジョングク(Jungkook)が先月3日、ソロデビューアルバム『ゴールデン』をリリースし、大きな話題となっている。

    歌詞が全編英語の同作は米ビルボード・ホット100チャートにランクインを果たしている。ジョングクはアルバムのPRも兼ねて先月ニューヨークを訪れ、9日には中心地タイムズスクエアでアメリカのファンに向け野外ライブを行った。

    ジョングクの新作はSNSも賑わせている。多くのファンがYouTubeやTikTokなどで「Jungkook dance challenge」と称し彼のダンスを真似るショート動画をアップし、盛り上がっている様子が伝わってくる。

    ポップミュージック界のメインストリームに上り詰めたBTSのメンバーのニューアルバムがリリースということで、この国の専門家が放っておくはずはない。さまざまなメディアがアメリカでのK-POP現象を特集しており、中でも最近ある大議論が沸き起こった。

    NYTがジョングクの曲を酷評?
    米有力紙ニューヨークタイムズの音声メディアが、ジョングクのアメリカでの快進撃と音楽性を取り上げたのだが、内容が彼の功績をそれほど賞賛するものではなかったのだ。

    問題のエピソードは、12月1日付のポップキャスト*のJung Kook, BTS and English Language K-Pop(ジョングク、BTSそして英語のKポップ)というタイトルのものだ。導入文に「K-POPがアメリカ人に知られるまでの長い道のりと、受け入れ後の潜在的なリスクについての会話」とある通り、韓国のポップ音楽がアメリカ市場で認知されるに至った背景の解説と、アメリカでの成功後の批評(K-POPから"K-"がなくなること)について議論された。

    ※続きは元ソースでご覧ください

    Yahoo!Japan/安倍かすみ(ジャーナリスト)   12/8(金) 8:00
    https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/ee33c08b5b883b6989fb66034f8799526e891677

    引用元: 【BTS】米有力紙がK-POPに物申す? BTSジョングクを批評しファンから怒りの声 [Ikhtiandr★]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    韓国国旗1: 仮面ウニダー ★ 2023/12/11(月) 07:36:33.71 ID:OAnq8c3B
    ー前略ー
    ・知日派知識人が分析する韓国の外国人労働者事情

    ー中略ー
     K氏は韓国も日本同様に単一民族国家であり本来外国人に対しては閉鎖的社会であると指摘。
    しかし外国人労働者なしでは国家・社会が維持できないという共通認識が政府・国民に広く浸透しているという。

    【参考までに統計数字は以下のとおり】
    2019年11月時点で韓国の在留外国人は243万人、韓国の総人口(5180万人)の4.7%。2019年5月の外国人労働者数は86万人、
    全就業者数の3.2%。他方で日本の在留外国人は2019年6月時点で302万人、
    総人口の2.4%外国人労働者数は2019年10月時点で166万人。全就業者数の2.6%である。
    つまり韓国のほうが人口規模対比で日本よりも多くの外国人を受け入れている。

      K氏によると韓国で特徴的なのは中国や旧ソ連圏に在住する朝鮮系外国人を積極的かつ優遇して受け入れているという。
    韓国における外国人労働者の国別統計では朝鮮系中国人が41%、朝鮮系ウズベキスタン人が4%となっている。
    特に中国東北地方(旧満州)の朝鮮系中国人(中国では朝鮮族と区分)はハングルを話せるので重宝されているという。
    彼らには就労ビザ、永住権取得、帰化申請などで優遇措置があるという。

     7月9日。冷たい水をもらいに華城市内の食堂に入ったら中央アジア的容貌の若いウズベキスタン出身の女性がいたことを思い出した。
    彼女は単身韓国に出稼ぎに来た、父親が朝鮮族で母親がウズベキスタン人のハーフだった。ロシア語は多少話せるけど英語はダメとのこと。
    ハングルが話せず苦労していると苦笑していた。

    ・政府・公的機関が直接関与する雇用許可制度と雇用契約
     K氏によると現在の韓国の外国人労働者受入制度はベトナム、カンボジア、フィリピンなど十数カ国と2国間政府協定を結んで
    公的機関が直接関与しているという。事業者側からの求人情報を自治体がまとめて関係国の公的機関とマッチングする。
    1990年代は日本の技能実習制度に倣った私的ブローカーが介在する制度であったが職場からの失踪、
    給与未払いや人権侵害などの問題が頻発して現在のような制度に変革したという。(注)2004年から現行制度を導入

     アフリカ諸国とはKOICA(韓国国際協力団)が窓口となって労働者を受け入れている。
    そして外国人労働者を保護するための独立した救済機関も設置されているという。受入れプロセスの透明性、人権擁護の制度化など
    外国人労働者を取り巻く環境を抜本的に改善したことで国際的に高い評価を得ているとK氏は自慢げに語った。
    (注)ILO、国連、世界銀行などから表彰されている。

    ・韓国では外国人労働者に永住権の取得、帰化の道も開けている
     K氏は韓国では日本同様に労働力を確保するための移民の受入れ、つまり“移民政策”については政府・国民ともに否定的であるという。
    他方で外国人労働者が韓国で一定期間就労して本人が希望すれば永住申請できるという。
    現行の雇用許可制度の下でも最長10年近く韓国で就労可能であるが、おおよそ5年就労すれば永住権を申請できるという。
    さらに韓国では法律で二重国籍を認めているので、母国の国籍を保持したまま帰化申請できるので
    外国人にとり帰化への心理的ハードルは低いだろうと推測した。

    ・どうするニッポン? 外国人労働者に見限られるのか
     日本では特定技能制度という新制度への移行をめざしているが悪質なブローカーや監理団体の介在など
    根本的な問題を抱えたままでプロセスの透明性や人権擁護が確保できるのか甚だ疑問が残る。
    韓国はどのようにして“しがらみ”を断ち切り、現行制度導入に踏み切れたのか。

     今こそ謙虚に韓国から学んで抜本的な改革を断行しない限り
    数年後には日本の労働市場は途上国の若者から見向きもされなくなると危惧する。
    高野凌

    全文はソースから
    12/10(日) 6:02配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e6fc5c777bfaf85447bc6e79e5fc858cf82ed0ed

    引用元: 【Wedge】 韓国津々浦々の外国人労働者、日本でなく韓国を選んだ理由 [12/11] [仮面ウニダー★]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    韓国国旗1: 仮面ウニダー ★ 2023/12/10(日) 14:04:43.45 ID:aaFOz4qX
    日本政府が日本軍慰安婦被害者が出した損害賠償請求で敗れた後、無対応で一貫しながら尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権に
    整理を要求している状況をめぐり、野党「共に民主党」が「屈従外交基調を捨てて日本政府に堂々と対応せよ」と指摘した。

    民主党の権七勝(クォン・チルスン)首席報道官は9日の会見を通じ、
    「日本政府があのようにふてぶてしい態度でやり返すのはこれまで尹錫悦政権が見せた対日屈従外交のため」としながらこのように明らかにした。

    これに先立ちソウル高裁は先月23日、李容洙(イ・ヨンス)さんと、すでに亡くなっているクァク・イェナムさんと金福童(キム・ボクドン)さんの
    遺族ら16人が日本政府を相手取り起こした訴訟の控訴審で、日本が違法行為にともなう慰謝料を支給すべきとして
    原告勝訴の判決を出した。日本が上告期限であるこの日0時までに上告状を出さず判決はそのまま確定した状況だ。

    これに対し日本の上川陽子外相は前日「韓国側が適切な措置を講じることを求めていく」と発言し対応しないという立場を
    改めて明らかにした。

    民主党は「尹大統領が日本の戦争犯罪に免罪符を与え、むしろ先に立って過去史を覆い隠そうとするため、
    日本政府が『適切な』措置を要求する奇怪なことが起きている」と批判した。

    続けて「まったくどこの国の政府なのかわからない尹錫悦政権の態度はすでに被害者らと国民の心にぬぐうことのできない傷を残した。
    被害者が血の涙を流して戦い作り出した勝訴という結果を対日屈辱外交で再び挫折させるならば、尹錫悦政権は国民だけでなく
    国際社会の非難を避けることはできないだろう」と指摘した。

    その上で「尹錫悦政権は司法府の判決趣旨を改めて思い起こし、慰安婦被害者が日本政府から真の謝罪と
    しっかりとした賠償を受けられるよう日本政府に堂々と対応せよ」と強調した。

    2023.12.10 09:39
    https://japanese.joins.com/JArticle/312498

    ※関連スレ
    【中央日報】日本、慰安婦訴訟に「上告しない…韓国側が措置を講ずるべき」 [12/8] [昆虫図鑑★]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1702019661/

    引用元: 【中央日報】 韓国「共に民主党」、「日本、慰安婦訴訟敗訴にもふてぶてしい…尹政権の屈従外交のせい」 [12/10] [仮面ウニダー★]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    20231210_09461: 昆虫図鑑 ★ 2023/12/10(日) 09:24:15.38 ID:/84+iFN8
    米大リーグ(MLB)で投打二刀流の「スーパースター」大谷翔平(29)が北米プロスポーツ過去最高額となる7億ドル(約1015億円)でLAドジャース入りを確定した。

    大谷は10日、自身のソーシャルメディア(SNS)を通じ「次の所属チームとしてドジャースを選択した」と明らかにした。MLBドットコムとESPNをはじめとする米スポーツ専門メディアも一斉に「野球の歴史で最も魅力的なフリーエージェント(FA)選手の大谷がドジャース行きを直接発表した。大谷は10年総額7億ドルでサインし、北米スポーツ史上最大規模の契約を獲得した」と伝えた。

    2018年にLAエンゼルスと契約して米国に渡った大谷は、世界最高のリーグであるMLBで投手と打者の両方で成功を収め「二刀流」熱風を起こした。漫画よりも漫画のような大谷の活躍に「過去最高の野球選手」「野球そのもの」「人間ではなくエイリアン」という賛辞も付いて回った。

    FAを控えた今シーズンには特に打者として輝かしい活躍をした。指名打者として135試合に出て打率0.304、本塁打44本、95打点、出塁率0.412、長打率0.654を記録した。本塁打、出塁率、長打率はアメリカンリーグ(AL)1位で、OPSは1.066でMLB1位だった。投手としても23試合に先発登板し10勝5敗、平均自責点3.14の成績を残した。その結果大谷は2021年に続き2度目の満場一致の支持を得てAL最優秀選手(MVP)に選ばれた。

    6年ぶりに「自由の身」になった大谷の去就は今シーズンを通じてMLB最高の関心事のひとつだった。大谷がシーズン終盤にひじを負傷し来年は指名打者でだけ出場することになったが株価は下がることを知らなかった。ストーブリーグが本格的に始まった後にはほぼ毎日彼の移籍先と契約規模を予想したり交渉状況を伝える記事があふれた。「大谷の所属チームが決まらなければ他のFA契約もできない」という言葉が出るほどだった。米国メディアは「大谷がMLB史上初めて5億ドルの壁を超えるだろう」と予想したが、実際の契約規模はその予想を上回る7億ドルの「ジャックポット」だった。

    これまで北米プロスポーツ最高額契約は2020年の米プロフットボール(NFL)カンザスシティ・チーフスの看板クォーターバック、パトリック・マホームズが所属チームと10年延長契約をしながら獲得した4億5000万ドルだった。またMLB過去最高額契約は大谷のチームメートだったマイク・トラウトが2019年に所属チームのエンゼルスとの契約を延長してサインした12年4億2650万ドルだった。大谷はトラウトより契約期間が2年短いのに金額は2億5000万ドル以上上回る新しい歴史を書いた。

    これだけではない。大谷は昨シーズンALのMVPの座を渡したニューヨーク・ヤンキースの看板打者アーロン・ジャッジより2倍近く多いFA契約を成し遂げた。ジャッジは昨年末に所属チームのヤンキースと9年総額3億6000万ドルでサインし、MLBのFAで過去最高額の記録を立てた。大谷は1年でこの記録も大幅に上回り「過去最も高い野球選手」となった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f57f25c06983689d3aed8e16f5b6db4454a03593

    引用元: 【中央日報】大谷、北米スポーツ過去最高額でドジャース行き [12/10] [昆虫図鑑★]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    20231210_07401: 仮面ウニダー ★ 2023/12/10(日) 07:00:40.92 ID:aaFOz4qX
    <ロシアによるウクライナ侵攻でエネルギー安全保障への懸念が強まり、多くの国で気候変動政策が停滞している>
    【木村正人(国際ジャーナリスト)】
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cfa8c3662fe577caf118c393836983c646c2ef8e/images/000

    [ドバイ発]アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開かれている国連気候変動枠組み条約第28回締約国会議(COP28)で8日、
    恒例の「気候変動パフォーマンス指数(CCPI)」2024年版が発表された。
    COP28で2度にわたって不名誉な「今日の化石賞」に選ばれた日本は63カ国と欧州連合(EU)の中で
    前年の50位からさらにランクを8つ下げ、58位に沈んだ。

    環境や気候変動問題のシンクタンク「ジャーマンウォッチ」と「ニュークライメート・インスティチュート」、
    国際環境団体のネットワーク「CANインターナショナル」が05年から19年連続で発表している。
    昨年のロシアによるウクライナ侵攻でエネルギー安全保障への懸念が強まり、多くの国で気候変動政策が停滞している。

    63カ国とEUで世界の温室効果ガス排出量の9割以上を占める。多くの国が再生可能エネルギーへの移行を加速させている。
    しかし世界の平均気温上昇を産業革命前に比べて摂氏1.5度に抑えるパリ協定の目標に沿った行動をとった国は一つもなく、
    上位3位まで該当国なしだった。 今回もデンマークが最高位の4位で、エストニア、フィリピンがそれに続く。

    2大排出国の中国は前回と同じ51位で、米国は前回より5つ順位を下げて57位。
    日本、台湾(61位)、韓国(64位)は、石炭を消費しながらも急ピッチで気候変動対策を進める中国より評価が低かった。
    COP28議長国のアラブ首長国連邦(UAE)、イラン、サウジアラビアが最下位の65位から67位までを占めた。

    ー中略ー
    ・経済を犠牲にしてまで対策を進める気はない中国
    中国を抜いて世界で最も人口の多い国になったインド(14億人)は7位にランクされた。
    評価が高い理由は1人当たりの排出量やエネルギー消費量が少ないことだ。
    自然エネルギーを積極的に拡大しているが、石炭への依存度は依然として高い。
    インドは再エネの割合を増やし、化石燃料への依存を減らす必要があるが、30年の再エネ目標は低すぎる。

    インドは相対的な排出量目標を設定し、他国よりも自然エネルギーの開発を進めている。
    非常に低い水準にある排出量は増加しているとはいえ、奇跡的な高度成長を遂げた中国ほど高い軌跡をたどっていない。
    自然エネルギーの拡大により排出量を減らすことができなければインドは目標を達成できないという。

    世界最大の石炭生産国である中国の1人当たり排出量はこの20年間で大幅に増加し、現在では世界の平均を上回っている。
    再エネを強力に成長させ、エネルギー効率を向上させるが、30年までにガス生産量を増やす予定だ。
    不動産バブル崩壊でバランスシート不況に陥る中、化石燃料を使って経済のアクセルを踏まざるを得ないのが現状だ。

    中国に次いで世界第2の排出国、米国の専門家は気候変動に関連したインフレ抑制法が
    再エネへの大規模な投資につながったことを歓迎している。しかしあらゆる分野でより具体的な政策の実施が求められている。
    パリ協定から離脱したドナルド・トランプ前米大統領が来年の大統領選で返り咲いた場合、状況をさらに悪化させる恐れがある。
    ー後略ー

    全文はソースから
    Newsweek 12/9(土) 17:44配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cfa8c3662fe577caf118c393836983c646c2ef8e

    ※関連スレ
    【読売新聞】 中国のCO2濃度、公表の1・5~3倍で増加…環境省が観測衛星で分析しCOP28で発表へ [12/8] [仮面ウニダー★]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1702013063/

    引用元: 【どこまで落ちる日本…】 COP28で不名誉な「化石賞」2回、気候変動対策は世界58位に沈む現状 [12/10] [仮面ウニダー★]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ