ニダアル速報+

ニダアル速報+

韓国 北朝鮮 中国 プラスαのニュースをお届けします

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    韓国国旗1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/09/15(日) 16:38:13.60 ID:CAP_USER
    韓国の文在寅政権によるGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の破棄など、
    日韓関係が“悪化の一途”をたどっているが、その大きな原因の1つに、
    韓国社会で昔から根強く残る「恨(ハン)の文化」があるといわれている。

    恨とは要するに「恨み」のことだが、北朝鮮や韓国で言うところの「恨」は
    日本で認識されている恨みとは全く別物で、一旦暴走すると止まらなくなる“不幸な国民的性質”を表しているらしい。

    「東アジアの地図を見れば分かります。朝鮮半島(韓国・北朝鮮)は、まだ日本において人の歴史が記録され始める古代以前から、
    左隣に居座る巨大中国の“無残な圧迫と侵略と搾取”を受け続けてきました。

    その結果、朝鮮半島でも中国とソックリな“搾取的社会体制”が生まれ、朝鮮の支配者階級『両班』は、
    中国のやり方を真似するが如く、上下の階級を厳格化し、大多数の自国民に対し“過度な搾取と差別”を
    何世紀もの間、繰り返すようになったのです」(朝鮮半島ウオッチャー)

    当然ながら朝鮮国民は極度に疲弊し、平民の中で特に多かった『奴婢』という両班の奴隷身分の者は、
    自分を虐げる者に対しての強烈な恨みや嫉妬、羨望、絶望感などが入り交じる“恨の文化”を1000年の長きにわたり、形成していくことになる。

    近代に入ってからは『日韓併合』という日本の屈辱的な統治体制が、韓国の反日教育を生み出し、彼らの恨をより“複雑化”させる1つの要因にもなった。

    そういう“怨念”にも似たもろもろの感情が、今回の日韓対立で一気に火を吹いていると言える。

    日本人の多くは他人事と思い、SNSでは過激な言葉を普通に書き込んでいるが、
    日本国内には47万人を超える在日韓国・朝鮮人が居る。彼らの恨を無用に刺激するのは危険だろう。

    戦後の日本は北と南に分断された朝鮮半島の“不幸な事情”を考慮し、特に南の韓国とは親しく付き合ってきた。
    国内状況を考えても、このスタンスを崩すべきではないという声が上がるのも、また当然なのかもしれない。
    https://wjn.jp/article/detail/7340246/

    引用元: ・【話題】 日韓対立の裏側に潜む「恨」の恐怖・・日本国内には47万人を超える在日韓国・朝鮮人が居る、彼らの恨を無用に刺激するのは危険


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: Felis silvestris catus ★ 2019/09/15(日) 14:23:05.46 ID:gCoM37pQ9
    https://snjpn.net/archives/158235
    加藤清隆さんのツイート

    TBS・金平氏が「日本の学生は韓国に対する侵略の歴史を知らなさ過ぎる」。

    日本がいつ韓国を侵略したのか?仕方なく、合法的に「併合」しただけ。

    大金を投じて、あの貧しい国を助けた。

    侵略した国に帝国大学や旧制高校を作るか。
    no title

    (略)

    引用元: ・【パヨク】TBS・金平「日本の学生は韓国に対する侵略の歴史を知らなさ過ぎる」 ネット「むしろ韓国が侵略(竹島)、多数の漁民を殺害…


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: れいおφ ★ 2019/09/15(日) 11:46:02.38 ID:CAP_USER
    「彼がしたことは絶対に許せない。思い出すと夜も眠れません。いますぐ謝罪して、ユーチューバーをやめてほしいです」

    意を決して声を絞り出すのは、関東近郊に住む40代の主婦・A子さんだ。
    心労からか表情は曇りがちだが、実年齢より10歳は若く見える。

    そんな彼女が憤る「彼」とは、韓国人の人気ユーチューバー「留学生じん」だ。
    あのヒカキン(30)が最高顧問を務める、ユーチューバー事務所「UUUM」に所属した、初の外国人である。

    日韓両国に多数のファンがいる人気者にあるまじき非道の数々を、A子さんは語った。
    「私の小学生の子供が動画を見ていたのがきっかけで、じんを知りました。奥さんや子供と一緒に動画に出演している姿がほんわかしていて、気に入ったんです」

    そう、じんは妻子ある身なのだ。動画にも、頻繁に登場している。それも、A子さんが警戒を解いた一因だった。
    「じんは、ファンと交流するオフ会をよく開いていて、今年4月に初めて参加しました。
    夫も、私が彼のファンだと理解してくれていたので、快く送り出してくれました」

    交流会の会費は、毎回4000円から5000円。第1の「事件」が起きたのは、初参加のオフ会から帰るタクシーの中だった。
    じんと自宅の方向が同じだったA子さんは、なんの疑いもなく同乗したという。

    「しばらく会話していると、『冷たいね』と言って、手を握ってきたんです。びっくりしていたら、『スカートは穿かないの?』とズボンの上から太腿の内側をさわってきて……。

    『キミはタイプだ』と顔をさわられ、唇の横にキスされました。違和感はありましたが、若い外国人男性は、こういうものなのかなと……」

    その日から連日、LINEで「会いたい」というメッセージが送られてくるようになった。
    次にじんと会ったのは、その約1カ月後。そして、第2の「事件」が起きた。

    「『奥さんにも言えない相談がある。韓国キムチもお土産に渡したい』という電話が来ました。
    夫が『キムチ、もらってくれば?』と言ってくれたので、近所のカフェの駐車場で待ち合わせていたんです」

    白いベンツで現われたじんは、A子さんを助手席へと導いた。「ゆっくりできるところに行こう」。そう言うと、じんは車を出した。
    「運転中なのに、すぐ手を握ってきて。我慢していたら、スカートの中に手を入れてきて、下着の上から下半身をさわられました。
    やめてほしいと言ったのですが、『気持ちいいでしょ?』って。そのときの顔が本当に気持ち悪くて……。

    7月になって、地元の警察に相談しました。『強制わいせつ罪』なども視野に入れて、捜査を進めてくれています」

    A子さんはLINEだけでなく、インスタグラムでもメッセージをやり取りしていたが、「事件」の後、一方的にブロックされた。
    さらに、警察に相談する前には、「事件」時にじんが所属していたUUUMに苦情を入れたが、
    「すでに契約が終了している」などと答え、何も対処してくれなかったという。

    本誌の取材にも同社は、「現在当社所属のクリエイターではございませんので、
    当社はご質問にお答えする立場にありません」と、他人事のような回答を返した。

    「私のほかにも、ネット上で被害を告発しているユーチューバーがいます。
    うちの子供が、『お母さんは最近、じんの動画を見ないね』と言ってくるのに、その理由を答えられないのが悲しいです」

    本誌記者が、じんから直接話を聞くべくSNSにメッセージを送ったところ、すぐさまブロックされてしまった。

    日韓関係が悪化の一途を辿っていた8月21日、韓国のデモ頻発地域を紹介するなど、現在もじんは、YouTubeに動画を投稿し続けている。
    “疑惑”には、答えてはいない。

    (週刊FLASH 2019年9月24日号)
    https://news.livedoor.com/article/detail/17085513/

    初めて出席したオフ会での、A子さんと「じん」
    no title

    引用元: ・【YouTube】元UUUM所属の韓国人ユーチューバー「留学生じん」がわいせつ行為、日本の主婦が告発…他にも被害者か[9/15]


    クリックで応援してね!→

    続きを読む
    ★この記事をツイッターにRTする!

    このページのトップヘ